なぜこの開発ツールなの?
Why another cross-platform development tool?

wxWidgets は、GUI アプリケーション開発における投資を最大にする、安くて柔軟な方法を提供するために 開発されました。 すでにクロスプラットフォーム開発のための商用クラスライブラリはたくさん存在していますが、 以下の基準すべてを満たすものはありませんでした:
wxWidgets was developed to provide a cheap and flexible way to maximize investment in GUI application development. While a number of commercial class libraries already existed for cross-platform development, none met all of the following criteria:
  1. 安価である;
    low price;
  2. ソースを入手できるか;
    source availability;
  3. プログラミングの単純さ;
    simplicity of programming;
  4. 広範囲に渡るコンパイラのサポート。
    support for a wide range of compilers.
wxWidgets が始まって以来、他にも無料、またはほぼ無料な GUI フレームワークがいくつか現れました。 しかし、 wxWidgets が持っている程度の機能、柔軟性、文書、および 定評のある開発チームを持つフレームワークはありません。
Since wxWidgets was started, several other free or almost-free GUI frameworks have emerged. However, none has the range of features, flexibility, documentation and the well-established development team that wxWidgets has.
オープンソース・ソフトウェアとして、 wxWidgets はユーザーのコメント、アイデア、バグフィックス、 強化と本当の熱意から利益を得てきました。 このことは商業的な競争相手 (および独立した開発チームのない無料ライブラリ) に対する ある利点と、それに加えて 1 個人または 1 つの企業の一時性に対する頑丈さを wxWidgets に与えています。 数千行ものアプリケーションのソースコードの将来が、根底にあるクラスライブラリの寿命に 依存するかもしれないときには、ソースコードの開放性と入手可能性は特に重要です。
As open source software, wxWidgets has benefited from comments, ideas, bug fixes, enhancements and the sheer enthusiasm of users. This gives wxWidgets a certain advantage over its commercial competitors (and over free libraries without an independent development team), plus a robustness against the transience of one individual or company. This openness and availability of source code is especially important when the future of thousands of lines of application code may depend upon the longevity of the underlying class library.
Version 2 は、一般性と機能に関して前のバージョンよりもはるかに先を行っています。 Motif、GTK+およびMFCのような単一プラットフォームのツールキットを 使用して作成されたものとしばしば見分けがつかないアプリケーションを 作ることを可能にします。
Version 2 goes much further than previous versions in terms of generality and features, allowing applications to be produced that are often indistinguishable from those produced using single-platform toolkits such as Motif, GTK+ and MFC.
GUI アプリケーション開発は非常に時間がかかり、特定の GUI の人気が続くかどうかを 保証することはできないため、プラットフォームから独立したクラスライブラリを 使用することの重要性を誇張することはできません。 間違ったプラットフォームや顧客向けのコードは非常に速く時代遅れになる可能性があります。 wxWidgets はこのような変化の気配からプログラマを守る手助けをします。 wxWidgets がすべてのアプリケーション (例えば OLE 集約的なプログラム) に ふさわしいとは限らないとはいえ、 GUI プログラムが通常要求するほとんどの機能性に加えて、 ネットワーク・プログラミング、 PostScript 出力、 HTML レンダリングのような 多くの追加機能を提供します; 当然、それらは必要に応じて拡張することができます。 おまけとして、wxWidgets はネイティブ API よりはるかにきれいで簡単なプログラミング・インターフェースを 提供します。 1 つのプラットフォームだけで開発しているとしても、プログラマは wxWidgets を使用することに 価値があると気づくかもしれません。
The importance of using a platform-independent class library cannot be overstated, since GUI application development is very time-consuming, and sustained popularity of particular GUIs cannot be guaranteed. Code can very quickly become obsolete if it addresses the wrong platform or audience. wxWidgets helps to insulate the programmer from these winds of change. Although wxWidgets may not be suitable for every application (such as an OLE-intensive program), it provides access to most of the functionality a GUI program normally requires, plus many extras such as network programming, PostScript output, and HTML rendering; and it can of course be extended as needs dictate. As a bonus, it provides a far cleaner and easier programming interface than the native APIs. Programmers may find it worthwhile to use wxWidgets even if they are developing on only one platform.
わずかな段落で wxWidgets の機能性を要約することは不可能です。 しかし、利点の一部は以下のとおりです:
It is impossible to sum up the functionality of wxWidgets in a few paragraphs, but here are some of the benefits: