wxCloseEvent

このイベントクラスはウィンドウとセッションのクローズイベントに関する情報を含んでいます。
This event class contains information about window and session close events.
ユーザーがウィンドウマネージャー (X) や システムメニュー (Windows) を使用して フレームやダイアログボックスを閉じようとしたときに EVT_CLOSE の処理関数が呼ばれます。 また、例えば wxWindow::Close 関数を 呼ぶことでアプリケーションから呼び出すこともできます。
The handler function for EVT_CLOSE is called when the user has tried to close a a frame or dialog box using the window manager (X) or system menu (Windows). It can also be invoked by the application itself programmatically, for example by calling the wxWindow::Close function.
wxCloseEvent::CanVeto を使用して アプリケーションがウィンドウの削除を強制していないかチェックするべきです。 これが false の場合、 wxWindow::Destroy を使用して ウィンドウを破棄 しなければなりません。 戻り値が true の場合、ウィンドウを破棄するかどうかは自分次第です。
You should check whether the application is forcing the deletion of the window using wxCloseEvent::CanVeto. If this is false, you must destroy the window using wxWindow::Destroy. If the return value is true, it is up to you whether you respond by destroying the window.
ウィンドウを破棄しない場合、呼び出し元のコードにウィンドウを破棄しないことを知らせるために wxCloseEvent::Veto を呼んでください。 こうすることで、閉じる操作が受け入れられるかどうかに応じて wxWindow::Close 関数が truefalse を返せるようになります。
If you don't destroy the window, you should call wxCloseEvent::Veto to let the calling code know that you did not destroy the window. This allows the wxWindow::Close function to return true or false depending on whether the close instruction was honoured or not.

継承元
Derived from

wxEvent

インクルードファイル
Include files

<wx/event.h>

イベントテーブルマクロ
Event table macros

クローズイベントを処理するためには、 wxCloseEvent を引数に取るメンバ関数へ 直接入力するために、これらのイベントハンドラマクロを使用してください。
To process a close event, use these event handler macros to direct input to member functions that take a wxCloseEvent argument.
EVT_CLOSE(func)
メンバ関数を与えてクローズイベントを処理します。 このイベントは wxFrame と wxDialog クラスに適用されます。
Process a close event, supplying the member function. This event applies to wxFrame and wxDialog classes.
EVT_QUERY_END_SESSION(func)
メンバ関数を与えてクエリ終了セッションイベントを処理します。 このイベントは wxApp にのみ適用されます。
Process a query end session event, supplying the member function. This event applies to wxApp only.
EVT_END_SESSION(func)
メンバ関数を与えて終了セッションイベントを処理します。 このイベントは wxApp にのみ適用されます。
Process an end session event, supplying the member function. This event applies to wxApp only.

参照
See also

wxWindow::Closeウィンドウ削除の概要
wxWindow::Close, Window deletion overview

メンバ
Members


wxCloseEvent::wxCloseEvent

wxCloseEvent(WXTYPE commandEventType = 0, int id = 0)
コンストラクタ。
Constructor.

wxCloseEvent::CanVeto

bool CanVeto()
システムのシャットダウンやウィンドウのクローズイベントを拒否できるなら true を返します。 呼び出し元のコードがアプリケーションの終了を強制させたい場合はイベントを拒否できません。 そのため、拒否できるかチェックするためにはこの関数を呼ばなければなりません。
Returns true if you can veto a system shutdown or a window close event. Vetoing a window close event is not possible if the calling code wishes to force the application to exit, and so this function must be called to check this.

wxCloseEvent::GetLoggingOff

bool GetLoggingOff() const
ユーザーがログオフするだけなら true を、システムがシャットダウンするなら false を返します。 この関数は終了セッションとクエリ終了セッションの場合のみ呼ぶことができます。 ウィンドウのクローズイベントでは意味がありません。
Returns true if the user is just logging off or false if the system is shutting down. This method can only be called for end session and query end session events, it doesn't make sense for close window event.

wxCloseEvent::SetCanVeto

void SetCanVeto(bool canVeto)
'can veto' フラグをセットします。
Sets the 'can veto' flag.

wxCloseEvent::SetForce

void SetForce(bool force) const
'force' フラグをセットします。
Sets the 'force' flag.

wxCloseEvent::SetLoggingOff

void SetLoggingOff(bool loggingOff) const
'logging off' フラグをセットします。
Sets the 'logging off' flag.

wxCloseEvent::Veto

void Veto(bool veto = true)
システムのシャットダウンを拒否するため、または呼び出したアプリケーションに ウィンドウを閉じないことを知らせるためには、この関数をイベントハンドラから呼んでください。
Call this from your event handler to veto a system shutdown or to signal to the calling application that a window close did not happen.
wxCloseEvent::CanVeto が true を返す場合にのみシャットダウンを拒否することができます。
You can only veto a shutdown if wxCloseEvent::CanVeto returns true.