wxClient

wxClient オブジェクトはクライアント・サーバー DDE (Dynamic Data Exchange) 風通信の クライアント部分を表しています。 wxDDEClient を使用する実際の DDE ベースの実装は Windows でのみ使用できますが、 プラットフォームに依存しない、同じ API を持つ wxTCPClient を使用する ソケットベースの API を使用できます。
A wxClient object represents the client part of a client-server DDE-like (Dynamic Data Exchange) conversation. The actual DDE-based implementation using wxDDEClient is available on Windows only, but a platform-independent, socket-based version of this API is available using wxTCPClient, which has the same API.
適切なサーバーと通信できるクライアントを作成するには、 wxConnection と wxClient をそれぞれ継承するクラスを作成する必要があります。 カスタムした wxConnection クラスはサーバーとの 'やり取り' 中の通信を捕まえます。 メンバ関数 wxClient::OnMakeConnection を オーバーライドして、接続時に要求されたクラスの wxConnection を返せるようにするために wxClient をカスタムする必要があります。 これのやり方の例は IPC サンプルと プロセス間通信の概要 を参照してください。
To create a client which can communicate with a suitable server, you need to derive a class from wxConnection and another from wxClient. The custom wxConnection class will intercept communications in a 'conversation' with a server, and the custom wxClient is required so that a user-overridden wxClient::OnMakeConnection member can return a wxConnection of the required class, when a connection is made. Look at the IPC sample and the Interprocess communications overview for an example of how to do this.

継承元
Derived from

wxClientBase
wxObject

インクルードファイル
Include files

<wx/ipc.h>

参照
See also

wxServer, wxConnection, Interprocess communications overview

メンバ
Members


wxClient::wxClient

wxClient()
クライアントオブジェクトを作成します。
Constructs a client object.

wxClient::MakeConnection

wxConnectionBase * MakeConnection(const wxString& host, const wxString& service, const wxString& topic)
ホスト (UNIX ではマシン名 - 同じマシンなら 'localhost' を使用してください; Windows でネイティブ DDE を使用しているときは無視されます)、 サービス名、トピック文字列で サーバーへの接続を試みます。 サーバーが接続を許可した場合、 wxConnection オブジェクトが返されます。 独自に継承したコネクションオブジェクトを返すように wxClient::OnMakeConnection メンバを オーバーライドすることで、返される wxConnection の型を変更することができます。
Tries to make a connection with a server by host (machine name under UNIX - use 'localhost' for same machine; ignored when using native DDE in Windows), service name and topic string. If the server allows a connection, a wxConnection object will be returned. The type of wxConnection returned can be altered by overriding the wxClient::OnMakeConnection member to return your own derived connection object.
Unix では、サービス名は整数のポート識別子、または 有効なファイル名 (ファイルが存在すべきでなく、後で削除されます) のいずれかになります。 ポート識別子を指定すると通信にインターネットドメインソケットが使用され、 ファイル名を指定すると Unix ドメインソケットが作成されます。
Under Unix, the service name may be either an integer port identifier in which case an Internet domain socket will be used for the communications, or a valid file name (which shouldn't exist and will be deleted afterwards) in which case a Unix domain socket is created.
安全上の注意: インターネットドメインソケットを使用しているときに、 IPC を行うのに安全でない場合、 アクセスをまったくコントロールできません。 そのため、可能なときはいつでも Unix ドメインソケットを使用してください。
SECURITY NOTE: Using Internet domain sockets if extremely insecure for IPC as there is absolutely no access control for them, use Unix domain sockets whenever possible!

wxClient::OnMakeConnection

wxConnectionBase * OnMakeConnection()
wxClient::MakeConnection から呼ばれます。 デフォルトでは単純に新しい wxConnection オブジェクトを返します。 アプリケーション用にカスタマイズした wxConnection の子孫クラスを返すために この関数をオーバーライドしてください。
Called by wxClient::MakeConnection, by default this simply returns a new wxConnection object. Override this method to return a wxConnection descendant customised for the application.
独自のコネクションクラスを継承する利点は wxConnection::OnAdvise のような サーバーによって初期化されたメッセージを捕まえることができる点です。 また、アプリケーション独自のデータを新しいクラスのインスタンスに格納したいと思うかもしれません。
The advantage of deriving your own connection class is that it will enable you to intercept messages initiated by the server, such as wxConnection::OnAdvise. You may also want to store application-specific data in instances of the new class.

wxClient::ValidHost

bool ValidHost(const wxString& host)
これが有効なホスト名なら true を、そうでなければ false を返します。 MS Windows では常に true を返します。
Returns true if this is a valid host name, false otherwise. This always returns true under MS Windows.