wxCalculateLayoutEvent

このイベントは残っているクライアントエリアの量を計算するために wxLayoutAlgorithm から送られます。
This event is sent by wxLayoutAlgorithm to calculate the amount of the remaining client area that the window should occupy.

継承元
Derived from

wxEvent
wxObject

インクルードファイル
Include files

<wx/laywin.h>

イベントテーブルマクロ
Event table macros

EVT_CALCULATE_LAYOUT(func)
アルゴリズムが与える矩形を減らす、 wxEVT_CALCULATE_LAYOUT イベントを処理します。
Process a wxEVT_CALCULATE_LAYOUT event, which asks the window to take a 'bite' out of a rectangle provided by the algorithm.

参照
See also

wxQueryLayoutInfoEvent, wxSashLayoutWindow, wxLayoutAlgorithm.

メンバ
Members


wxCalculateLayoutEvent::wxCalculateLayoutEvent

wxCalculateLayoutEvent(wxWindowID id = 0)
コンストラクタ。
Constructor.

wxCalculateLayoutEvent::GetFlags

int GetFlags() const
このイベントに関係するフラグを返します。現在は使用されていません。
Returns the flags associated with this event. Not currently used.

wxCalculateLayoutEvent::GetRect

wxRect GetRect() const
イベントハンドラに入る前には、ウィンドウが占めることのできる残りの親クライアントエリアを返します。 イベントハンドラが返したときには、イベントハンドラがそのウィンドウの占めるエリアを差し引いた後に 残りの親クライアントエリアを含みます。
Before the event handler is entered, returns the remaining parent client area that the window could occupy. When the event handler returns, this should contain the remaining parent client rectangle, after the event handler has subtracted the area that its window occupies.

wxCalculateLayoutEvent::SetFlags

void SetFlags(int flags)
このイベントに関係するフラグをセットします。現在は使用されていません。
Sets the flags associated with this event. Not currently used.

wxCalculateLayoutEvent::SetRect

void SetRect(const wxRect& rect)
ウィンドウが占めていた領域が除かれた後に、新しい残りの親クライアントエリアを指定するために呼んでください。
Call this to specify the new remaining parent client area, after the space occupied by the window has been subtracted.