wxBitmap

このクラスはプラットフォーム固有のモノクロ、カラー、アルファチャンネル付きカラーの ビットマップの概念をカプセル化しています。
This class encapsulates the concept of a platform-dependent bitmap, either monochrome or colour or colour with alpha channel support.

継承元
Derived from

wxGDIObject
wxObject

インクルードファイル
Include files

<wx/bitmap.h>

定義済みオブジェクト
Predefined objects

オブジェクト:
Objects:
wxNullBitmap

参照
See also

wxBitmap の概要, サポートしているビットマップファイル形式, wxDC::Blit, wxIcon, wxCursor, wxBitmap, wxMemoryDC
wxBitmap overview, supported bitmap file formats, wxDC::Blit, wxIcon, wxCursor, wxBitmap, wxMemoryDC

メンバ
Members


wxBitmap::wxBitmap

wxBitmap()
デフォルトコンストラクタ。
Default constructor.
wxBitmap(const wxBitmap& bitmap)
参照カウント を使用するコピーコンストラクタ。 本当にコピーするには以下のようにしてください。
Copy constructor, uses reference counting. To make a real copy, you can use:
    wxBitmap newBitmap = oldBitmap.GetSubBitmap(
                             wxRect(0, 0, oldBitmap.GetWidth(), oldBitmap.GetHeight()));
wxBitmap(const void* data, int type, int width, int height, int depth = -1)
プラットフォーム固有の方法で表されたデータからビットマップを作成します。
Creates a bitmap from the given data which is interpreted in platform-dependent manner.
wxBitmap(const char bits[], int width, int height
int depth = 1)
ビットの配列からビットマップを作成します。
Creates a bitmap from an array of bits.
移植可能なプログラムではこの関数はモノクロビットマップ (depth が 1) にのみ 使用するべきです: この場合、 bits は XBM イメージを含んでいなければなりません。
You should only use this function for monochrome bitmaps (depth 1) in portable programs: in this case the bits parameter should contain an XBM image.
他のビット深度での動作はプラットフォームに依存します: Windows ではデータがそのまま CreateBitmap() API に渡されます。 他のプラットフォームではモノクロビットマップだけがこのコンストラクタで作成でき、 静的データからカラービットマップを作成するには wxImage を 使用しなければなりません。
For other bit depths, the behaviour is platform dependent: under Windows, the data is passed without any changes to the underlying CreateBitmap() API. Under other platforms, only monochrome bitmaps may be created using this constructor and wxImage should be used for creating colour bitmaps from static data.
wxBitmap(int width, int height, int depth = -1)
新しいビットマップを作成します。 depth に -1 を指定すると現在のスクリーンまたは外観の深度を使用します。 いくつかのプラットフォームではモノクロを表す 1 と現在の色設定を表す -1 しかサポートしていません。 wxWidgets 2.5.4 から MSW、 Mac、GTK+ でアルファチャンネル付き 32 ビット深度をサポートするようになりました。
Creates a new bitmap. A depth of -1 indicates the depth of the current screen or visual. Some platforms only support 1 for monochrome and -1 for the current colour setting. Beginning with version 2.5.4 of wxWidgets a depth of 32 including an alpha channel is supported under MSW, Mac and GTK+.
wxBitmap(const char* const* bits)
XPM データからビットマップを作成します。
Creates a bitmap from XPM data.
wxBitmap(const wxString& name, long type)
ファイルまたはリソースからビットマップを読み込みます。
Loads a bitmap from a file or resource.
wxBitmap(const wxImage& img, int depth = -1)
画像からビットマップオブジェクトを作成します。 ウィンドウに画像を直接表示できないときに、実際に表示するためにはこれを行う必要があります。 作成されるビットマップは指定された (もしくは depth が -1 なら現在のシステムの)、減色が必要となる 色深度を使用します。
Creates bitmap object from the image. This has to be done to actually display an image as you cannot draw an image directly on a window. The resulting bitmap will use the provided colour depth (or that of the current system if depth is -1) which entails that a colour reduction has to take place.
8 ビットモード (擬似カラーモード) のとき、 GTK 版は色の検索にプログラムの開始時に作成した 色彩立方体を使用します。 これはとても高速に変換できますが、画質は完璧ではありません (より高度なディザリングアルゴリズムを使用しているフォト画像に適しているかもしれません)。
When in 8-bit mode (PseudoColour mode), the GTK port will use a color cube created on program start-up to look up colors. This ensures a very fast conversion, but the image quality won't be perfect (and could be better for photo images using more sophisticated dithering algorithms).
Windows では (SetPalette でセットした) パレットがある場合、 wxBitmap を作成するときに使用されます (8 ビットモードで最も役に立ちます)。 他のプラットフォームでは今のところパレットは無視されます。
On Windows, if there is a palette present (set with SetPalette), it will be used when creating the wxBitmap (most useful in 8-bit display mode). On other platforms, the palette is currently ignored.

引数
Parameters

bits
ピクセルの値の配列。
Specifies an array of pixel values.
width
ビットマップの幅。
Specifies the width of the bitmap.
height
ビットマップの高さ。
Specifies the height of the bitmap.
depth
ビットマップの深度。 省略した場合、スクリーンのディスプレイ深度を使用します。
Specifies the depth of the bitmap. If this is omitted, the display depth of the screen is used.
name
MS Windows ではリソース名とファイル名を、 X ではファイル名を指すことができます。 この意味は type 引数によって決定されます。
This can refer to a resource name under MS Windows, or a filename under MS Windows and X. Its meaning is determined by the type parameter.
type
以下のいずれか:
May be one of the following:
wxBITMAP_TYPE_BMP
Windows ビットマップファイルを読み込みます。
Load a Windows bitmap file.
wxBITMAP_TYPE_BMP_RESOURCE
実行ファイルから Windows ビットマップリソースを読み込みます。 Windows のみ。
Load a Windows bitmap resource from the executable. Windows only.
wxBITMAP_TYPE_PICT_RESOURCE
実行ファイルから PICT イメージリソースを読み込みます。 Mac OS のみ。
Load a PICT image resource from the executable. Mac OS only.
wxBITMAP_TYPE_GIF
GIF ビットマップファイルを読み込みます。
Load a GIF bitmap file.
wxBITMAP_TYPE_XBM
X ビットマップファイルを読み込みます。
Load an X bitmap file.
wxBITMAP_TYPE_XPM
XPM ビットマップファイルを読み込みます。
Load an XPM bitmap file.
このフラグの妥当性はプラットフォームと wxWidgets の設定に依存します。 wxWidgets の設定ですべてを有効にした場合、 Windows では BMP ファイル、 BMP リソース、 XPM データ、 XPM をサポートします。 wxGTK で使用できる形式は BMP ファイル、 XPM データ、 XPM ファイル、 PNG ファイルです。 wxMotif で使用できる形式は XBM データ、 XBM ファイル、 XPM データ、 XPM ファイルです。
The validity of these flags depends on the platform and wxWidgets configuration. If all possible wxWidgets settings are used, the Windows platform supports BMP file, BMP resource, XPM data, and XPM. Under wxGTK, the available formats are BMP file, XPM data, XPM file, and PNG file. Under wxMotif, the available formats are XBM data, XBM file, XPM data, XPM file.
加えて、 wxBitmap は wxImage が読み込める形式は すべて読み込むことができます。 現在、そのような形式には wxBITMAP_TYPE_JPEG、 wxBITMAP_TYPE_TIF、 wxBITMAP_TYPE_PNG、 wxBITMAP_TYPE_GIF、 wxBITMAP_TYPE_PCX、 wxBITMAP_TYPE_PNM が含まれます。 もちろん、 wxImage ハンドラを読み込んでいる必要があります。
In addition, wxBitmap can read all formats that wxImage can, which currently include wxBITMAP_TYPE_JPEG, wxBITMAP_TYPE_TIF, wxBITMAP_TYPE_PNG, wxBITMAP_TYPE_GIF, wxBITMAP_TYPE_PCX, and wxBITMAP_TYPE_PNM. Of course, you must have wxImage handlers loaded.
img
プラットフォームに依存しない wxImage オブジェクト。
Platform-independent wxImage object.

注釈
Remarks

最初の形式はデータのないビットマップオブジェクトを作成します: その後に代入したり Create や LoadFile といった他のメンバ関数を呼ぶ必要があります。
The first form constructs a bitmap object with no data; an assignment or another member function such as Create or LoadFile must be called subsequently.
2 番目と 3 番目の形式はコピーコンストラクタです。 これらはビットマップデータをコピーせず、参照カウントを使用して代わりにデータへのポインタを コピーすることに注意してください。 そのため、この操作はとても効率がいいです。
The second and third forms provide copy constructors. Note that these do not copy the bitmap data, but instead a pointer to the data, keeping a reference count. They are therefore very efficient operations.
4 番目の形式は type 引数の値に応じた形式と値のデータから ビットマップを作成します。
The fourth form constructs a bitmap from data whose type and value depends on the value of the type argument.
5 番目の形式は X と Windows の両方でピクセルの値の配列から (通常はモノクロの) ビットマップを作成します。
The fifth form constructs a (usually monochrome) bitmap from an array of pixel values, under both X and Windows.
6 番目の形式は新しいビットマップを作成します。
The sixth form constructs a new bitmap.
7 番目の形式は、この機能を組み込むように設定していれば pixmap (XPM) データからビットマップを作成します。
The seventh form constructs a bitmap from pixmap (XPM) data, if wxWidgets has been configured to incorporate this feature.
このコンストラクタを使用するためには、まず XPM ファイルをインクルードしなければなりません。 例えば、 mybitmap.xpm が mybitmap という XPM 配列を含んでいるとします:
To use this constructor, you must first include an XPM file. For example, assuming that the file mybitmap.xpm contains an XPM array of character pointers called mybitmap:
#include "mybitmap.xpm"
...
wxBitmap *bitmap = new wxBitmap(mybitmap);
8 番目の形式はファイルやリソースからビットマップを作成します。 name は MS Windows ではリソース名とファイル名を、 X ではファイル名を指すことができます。
The eighth form constructs a bitmap from a file or resource. name can refer to a resource name under MS Windows, or a filename under MS Windows and X.
Windows では type はデフォルトで wxBITMAP_TYPE_BMP_RESOURCE です。 X では type はデフォルトで wxBITMAP_TYPE_XPM です。
Under Windows, type defaults to wxBITMAP_TYPE_BMP_RESOURCE. Under X, type defaults to wxBITMAP_TYPE_XPM.

参照
See also

wxBitmap::LoadFile
wxPython note: wxPython は以下のコンストラクタをサポートしています:
Constructors supported by wxPython are:
wxBitmap(name, flag)ファイルからビットマップを読み込みます。
Loads a bitmap from a file
wxEmptyBitmap(width, height, depth = -1)指定された空のビットマップを作成します。
Creates an empty bitmap with the given specifications
wxBitmapFromXPMData(listOfStrings)XPM データの Python リストからビットマップを作成します。
Create a bitmap from a Python list of strings whose contents are XPM data.
wxBitmapFromBits(bits, width, height, depth=-1)文字列に含まれるビットの配列からビットマップを作成します。
Create a bitmap from an array of bits contained in a string.
wxBitmapFromImage(image, depth=-1)wxImage を wxBitmap へ変換します。
Convert a wxImage to a wxBitmap.
wxPerl note: wxPerl は以下のコンストラクタをサポートしています:
Constructors supported by wxPerl are:

wxBitmap::~wxBitmap

~wxBitmap()
デストラクタ。 より詳しい情報は 参照カウントオブジェクトの破壊 を 参照してください。
Destructor. See reference-counted object destruction for more info.
アプリケーションが明示的にビットマップを削除しなかった場合、 アプリケーションの終了時に wxWidgets によって自動的に破棄されます。
If the application omits to delete the bitmap explicitly, the bitmap will be destroyed automatically by wxWidgets when the application exits.
メモリデバイスコンテキストに選択しているビットマップを削除してはいけません。
Do not delete a bitmap that is selected into a memory device context.

wxBitmap::AddHandler

static void AddHandler(wxBitmapHandler* handler)
形式ハンドラの静的リストの最後にハンドラを追加します。
Adds a handler to the end of the static list of format handlers.
handler
新しいビットマップ形式ハンドラ。 アプリケーションのセッション中、指定されたハンドラクラスのインスタンスは通常ひとつだけです。
A new bitmap format handler object. There is usually only one instance of a given handler class in an application session.

参照
See also

wxBitmapHandler

wxBitmap::CleanUpHandlers

static void CleanUpHandlers()
ビットマップハンドラをすべて削除します。
Deletes all bitmap handlers.
この関数は終了時に wxWidgets によって呼ばれます。
This function is called by wxWidgets on exit.

wxBitmap::ConvertToImage

wxImage ConvertToImage()
プラットフォーム固有のビットマップからイメージを作成します。 これはマスク情報を保持するため、ビットマップやイメージは劣化なく相互に変換できます。
Creates an image from a platform-dependent bitmap. This preserves mask information so that bitmaps and images can be converted back and forth without loss in that respect.

wxBitmap::CopyFromIcon

bool CopyFromIcon(const wxIcon& icon)
アイコンからビットマップを作成します。
Creates the bitmap from an icon.

wxBitmap::Create

virtual bool Create(int width, int height, int depth = -1)
新しいビットマップを作成します。 最後の引数を省略した場合、スクリーンのビット深度を使用します。
Creates a fresh bitmap. If the final argument is omitted, the display depth of the screen is used.
virtual bool Create(const void* data, int type, int width, int height, int depth = -1)
任意の型のデータからビットマップを作成します。
Creates a bitmap from the given data, which can be of arbitrary type.

引数
Parameters

width
ピクセル単位のビットマップの幅。
The width of the bitmap in pixels.
height
ピクセル単位のビットマップの高さ。
The height of the bitmap in pixels.
depth
ビットマップのビット深度。 -1 の場合、スクリーンのビット深度を使用します。
The depth of the bitmap in pixels. If this is -1, the screen depth is used.
data
type の値に応じた型のデータ。
Data whose type depends on the value of type.
type
ビットマップの型識別子。 使用できる値のリストは wxBitmap::wxBitmap を参照してください。
A bitmap type identifier - see wxBitmap::wxBitmap for a list of possible values.

戻り値
Return value

呼び出しに成功したら true を、そうでなければ false を返します。
true if the call succeeded, false otherwise.

注釈
Remarks

最初の形式はすべてのプラットフォームで動作します。 2 番目の形式の移植性はデータの型によります。
The first form works on all platforms. The portability of the second form depends on the type of data.

参照
See also

wxBitmap::wxBitmap

wxBitmap::FindHandler

static wxBitmapHandler* FindHandler(const wxString& name)
指定された名前のハンドラを検索します。
Finds the handler with the given name.
static wxBitmapHandler* FindHandler(const wxString& extension, wxBitmapType bitmapType)
指定された拡張子と形式に関連付けられているハンドラを検索します。
Finds the handler associated with the given extension and type.
static wxBitmapHandler* FindHandler(wxBitmapType bitmapType)
指定されたビットマップの形式に関連付けられているハンドラを検索します。
Finds the handler associated with the given bitmap type.
name
ハンドラの名前。
The handler name.
extension
"bmp" のようなファイルの拡張子。
The file extension, such as "bmp".
bitmapType
wxBITMAP_TYPE_BMP のようなビットマップの形式。
The bitmap type, such as wxBITMAP_TYPE_BMP.

戻り値
Return value

見つかればハンドラのポインタを、そうでなければ NULL を返します。
A pointer to the handler if found, NULL otherwise.

参照
See also

wxBitmapHandler

wxBitmap::GetDepth

int GetDepth() const
ビットマップの色深度を取得します。 値が 1 の場合、モノクロビットマップということを表しています。
Gets the colour depth of the bitmap. A value of 1 indicates a monochrome bitmap.

wxBitmap::GetHandlers

static wxList& GetHandlers()
ビットマップ形式ハンドラの静的リストを返します。
Returns the static list of bitmap format handlers.

参照
See also

wxBitmapHandler

wxBitmap::GetHeight

int GetHeight() const
ビットマップの高さをピクセル単位で取得します。
Gets the height of the bitmap in pixels.

wxBitmap::GetPalette

wxPalette* GetPalette() const
(もしあれば) ファイルから読み込まれ、ビットマップに関連付けられたパレットを返します。
Gets the associated palette (if any) which may have been loaded from a file or set for the bitmap.

参照
See also

wxPalette

wxBitmap::GetMask

wxMask* GetMask() const
(もしあれば) ファイルから読み込まれ、ビットマップに関連付けられたマスクを返します。
Gets the associated mask (if any) which may have been loaded from a file or set for the bitmap.

参照
See also

wxBitmap::SetMask, wxMask

wxBitmap::GetWidth

int GetWidth() const
ビットマップの幅をピクセル単位で取得します。
Gets the width of the bitmap in pixels.

参照
See also

wxBitmap::GetHeight

wxBitmap::GetSubBitmap

wxBitmap GetSubBitmap(const wxRect& rect) const
矩形が完全にビットマップに収まる限り、現在のビットマップの部分ビットマップを返します。 この関数はビット深度とマスク情報を保持します。
Returns a sub bitmap of the current one as long as the rect belongs entirely to the bitmap. This function preserves bit depth and mask information.

wxBitmap::InitStandardHandlers

static void InitStandardHandlers()
標準のビットマップ形式ハンドラを追加します。 wxWidgets の設定によりますが、追加されるハンドラは Windows ビットマップ、 Windows ビットマップリソース、 XPM のハンドラです。
Adds the standard bitmap format handlers, which, depending on wxWidgets configuration, can be handlers for Windows bitmap, Windows bitmap resource, and XPM.
この関数は起動時に wxWidgets によって呼ばれます。
This function is called by wxWidgets on startup.

参照
See also

wxBitmapHandler

wxBitmap::InsertHandler

static void InsertHandler(wxBitmapHandler* handler)
ビットマップ形式ハンドラの静的リストの先頭にハンドラを追加します。
Adds a handler at the start of the static list of format handlers.
handler
新しいビットマップ形式ハンドラ。 アプリケーションのセッション中、指定されたハンドラクラスのインスタンスは通常ひとつだけです。
A new bitmap format handler object. There is usually only one instance of a given handler class in an application session.

参照
See also

wxBitmapHandler

wxBitmap::LoadFile

bool LoadFile(const wxString& name, wxBitmapType type)
ファイルまたはリソースからビットマップを読み込みます。
Loads a bitmap from a file or resource.

引数
Parameters

name
ファイル名または Windows リソース名。 name の意味は type 引数によって 決まります。
Either a filename or a Windows resource name. The meaning of name is determined by the type parameter.
type
以下の値のいずれか:
One of the following values:
wxBITMAP_TYPE_BMP
Windows ビットマップファイルを読み込みます。
Load a Windows bitmap file.
wxBITMAP_TYPE_BMP_RESOURCE
実行ファイルから Windows ビットマップリソースを読み込みます。
Load a Windows bitmap resource from the executable.
wxBITMAP_TYPE_PICT_RESOURCE
実行ファイルから PICT イメージリソースを読み込みます。 Mac OS のみ。
Load a PICT image resource from the executable. Mac OS only.
wxBITMAP_TYPE_GIF
GIF ビットマップファイルを読み込みます。
Load a GIF bitmap file.
wxBITMAP_TYPE_XBM
X ビットマップファイルを読み込みます。
Load an X bitmap file.
wxBITMAP_TYPE_XPM
XPM ビットマップファイルを読み込みます。
Load an XPM bitmap file.
このフラグの妥当性はプラットフォームと wxWidgets の設定に依存します。
The validity of these flags depends on the platform and wxWidgets configuration.
加えて、 wxBitmap は wxImage が読み込める形式は すべて読み込むことができます (wxBITMAP_TYPE_JPEG、 wxBITMAP_TYPE_PNG、 wxBITMAP_TYPE_GIF、 wxBITMAP_TYPE_PCX、 wxBITMAP_TYPE_PNM)。 (もちろん、 wxImage ハンドラを読み込んでいる必要があります。)
In addition, wxBitmap can read all formats that wxImage can (wxBITMAP_TYPE_JPEG, wxBITMAP_TYPE_PNG, wxBITMAP_TYPE_GIF, wxBITMAP_TYPE_PCX, wxBITMAP_TYPE_PNM). (Of course you must have wxImage handlers loaded.)

戻り値
Return value

操作に成功すれば true を、そうでなければ false を返します。
true if the operation succeeded, false otherwise.

注釈
Remarks

パレットが存在し、コードがサポートしているなら (特にカラーの Windows ビットマップでは) パレットがビットマップに関連付けられます。 GetPalette メンバを使用することで パレットが作成されたかチェックすることができます。
A palette may be associated with the bitmap if one exists (especially for colour Windows bitmaps), and if the code supports it. You can check if one has been created by using the GetPalette member.

参照
See also

wxBitmap::SaveFile

wxBitmap::IsOk

bool IsOk() const
ビットマップデータがあれば true を返します。
Returns true if bitmap data is present.

wxBitmap::RemoveHandler

static bool RemoveHandler(const wxString& name)
指定された名前のハンドラを検索し、それを取り除きます。ハンドラは削除されません。
Finds the handler with the given name, and removes it. The handler is not deleted.
name
ハンドラの名前。
The handler name.

戻り値
Return value

ハンドラが見つかり、取り除かれれば true を、そうでなければ false を返します。
true if the handler was found and removed, false otherwise.

参照
See also

wxBitmapHandler

wxBitmap::SaveFile

bool SaveFile(const wxString& name, wxBitmapType type, wxPalette* palette = NULL)
ビットマップを名前付きのファイルに保存します。
Saves a bitmap in the named file.

引数
Parameters

name
ファイル名。 name の意味は type 引数によって 決まります。
A filename. The meaning of name is determined by the type parameter.
type
以下の値のいずれか:
One of the following values:
wxBITMAP_TYPE_BMP
Windows ビットマップファイルを保存します。
Save a Windows bitmap file.
wxBITMAP_TYPE_GIF
GIF ビットマップファイルを保存します。
Save a GIF bitmap file.
wxBITMAP_TYPE_XBM
X ビットマップファイルを保存します。
Save an X bitmap file.
wxBITMAP_TYPE_XPM
XPM ビットマップファイルを保存します。
Save an XPM bitmap file.
このフラグの妥当性はプラットフォームと wxWidgets の設定に依存します。
The validity of these flags depends on the platform and wxWidgets configuration.
加えて、 wxBitmap は wxImage が保存できる形式は すべて保存することができます (wxBITMAP_TYPE_JPEG、 wxBITMAP_TYPE_PNG)。 (もちろん、 wxImage ハンドラを読み込んでいる必要があります。)
In addition, wxBitmap can save all formats that wxImage can (wxBITMAP_TYPE_JPEG, wxBITMAP_TYPE_PNG). (Of course you must have wxImage handlers loaded.)
palette
ビットマップの保存に使用する任意のパレット。
An optional palette used for saving the bitmap.

戻り値
Return value

操作に成功すれば true を、そうでなければ false を返します。
true if the operation succeeded, false otherwise.

注釈
Remarks

wxWidgets をどのように設定したかによって、すべてのフォーマットを使用できるとは限りません。
Depending on how wxWidgets has been configured, not all formats may be available.

参照
See also

wxBitmap::LoadFile

wxBitmap::SetDepth

void SetDepth(int depth)
depth メンバをセットします (ビットマップデータに影響を与えません)。
Sets the depth member (does not affect the bitmap data).

引数
Parameters

depth
ビットマップの深度。
Bitmap depth.

wxBitmap::SetHeight

void SetHeight(int height)
height メンバをセットします (ビットマップデータに影響を与えません)。
Sets the height member (does not affect the bitmap data).

引数
Parameters

height
ピクセル単位のビットマップの高さ。
Bitmap height in pixels.

wxBitmap::SetMask

void SetMask(wxMask* mask)
このビットマップのマスクをセットします。
Sets the mask for this bitmap.

注釈
Remarks

この関数を呼ぶとすぐにビットマップオブジェクトがマスクを持ちます。
The bitmap object owns the mask once this has been called.

参照
See also

wxBitmap::GetMask, wxMask

wxBitmap::SetPalette

void SetPalette(const wxPalette& palette)
関連付けられたパレットをセットします。 (GTK+ では実装されていません)。
Sets the associated palette. (Not implemented under GTK+).

引数
Parameters

palette
セットするパレット。
The palette to set.

参照
See also

wxPalette

wxBitmap::SetWidth

void SetWidth(int width)
width メンバをセットします (ビットマップデータには影響を与えません)。
Sets the width member (does not affect the bitmap data).

引数
Parameters

width
ピクセル単位のビットマップの幅。
Bitmap width in pixels.

wxBitmap::operator =

wxBitmap& operator =(const wxBitmap& bitmap)
代入演算子。 参照カウント を利用します。
Assignment operator, using reference counting.

引数
Parameters

bitmap
代入するビットマップ。
Bitmap to assign.

戻り値
Return value

'this' オブジェクトを返します。
Returns 'this' object.