wxAutoBufferedPaintDC

この wxDC の派生クラスはダブルバッファリングを行うために OnPaint() イベントハンドラ内で使用することができます。 wxPaintDC の代わりにこのクラスのインスタンスを作成し、 クラスの初期化部分で wxBG_STYLE_CUSTOM を引数に wxWindow::SetBackgroundStyle を呼ぶだけで (大部分の) ちらつきを避けることができます。
This wxDC derivative can be used inside of an OnPaint() event handler to achieve double-buffered drawing. Just create an object of this class instead of wxPaintDC and make sure wxWindow::SetBackgroundStyle is called with wxBG_STYLE_CUSTOM somewhere in the class initialization code, and that's all you have to do to (mostly) avoid flicker.
wxBufferedPaintDC とこのクラスの違いは その軽さです。 ネイティブなダブルバッファリングを持つプラットフォームでは wxAutoBufferedPaintDC は 単に wxPaintDC の typedef で、それ以外では wxBufferedPaintDC の typedef です。
The difference between wxBufferedPaintDC and this class, is the lightweigthness - on platforms which have native double-buffering, wxAutoBufferedPaintDC is simply a typedef of wxPaintDC. Otherwise, it is a typedef of wxBufferedPaintDC.

継承元
Derived from

wxBufferedPaintDC
wxPaintDC
wxDC
wxObject

インクルードファイル
Include files

<wx/dcbuffer.h>

参照
See also

wxDC, wxBufferedPaintDC

メンバ
Members


wxAutoBufferedPaintDC::wxAutoBufferedPaintDC

wxAutoBufferedPaintDC(wxWindow * window)
コンストラクタ。描画したいウィンドウのポインタを渡してください。
Constructor. Pass a pointer to the window on which you wish to paint.