wxAcceleratorTable

アクセラレータテーブルを使用することで、メニューや他のコマンドのキーボードショートカットのテーブルを 指定することができます。 Windows ではメニューコマンドとボタンコマンドがサポートされています; GTK ではメニューコマンドのみサポートされています。
An accelerator table allows the application to specify a table of keyboard shortcuts for menus or other commands. On Windows, menu or button commands are supported; on GTK, only menu commands are supported.
wxNullAcceleratorTable はデータのないテーブルを表します。 これはアクセラレータテーブルの初期値です。
The object wxNullAcceleratorTable is defined to be a table with no data, and is the initial accelerator table for a window.

継承元
Derived from

wxObject

インクルードファイル
Include files

<wx/accel.h>

定義済みオブジェクト
Predefined objects

オブジェクト:
Objects:
wxNullAcceleratorTable


Example

  wxAcceleratorEntry entries[4];
  entries[0].Set(wxACCEL_CTRL,  (int) 'N',     ID_NEW_WINDOW);
  entries[1].Set(wxACCEL_CTRL,  (int) 'X',     wxID_EXIT);
  entries[2].Set(wxACCEL_SHIFT, (int) 'A',     ID_ABOUT);
  entries[3].Set(wxACCEL_NORMAL,  WXK_DELETE,    wxID_CUT);
  wxAcceleratorTable accel(4, entries);
  frame->SetAcceleratorTable(accel);

注釈
Remarks

アクセラレータは通常の処理よりも優先され、イベント処理をプログラムするのに便利です。 例えば、アクセラレータテーブルを使用して、複数行テキストコントロールを持つダイアログで CTRL-Enter を 'OK' として受け付けることができます (ただし、 GTK+ では今のところ動作しません)。
An accelerator takes precedence over normal processing and can be a convenient way to program some event handling. For example, you can use an accelerator table to enable a dialog with a multi-line text control to accept CTRL-Enter as meaning 'OK' (but not in GTK+ at present).

参照
See also

wxAcceleratorEntry, wxWindow::SetAcceleratorTable

メンバ
Members


wxAcceleratorTable::wxAcceleratorTable

wxAcceleratorTable()
デフォルトコンストラクタ。
Default constructor.
wxAcceleratorTable(const wxAcceleratorTable& bitmap)
コピーコンストラクタ。 参照カウント を使用します。
Copy constructor, uses reference counting.
wxAcceleratorTable(int n, wxAcceleratorEntry entries[])
wxAcceleratorEntry の配列から 作成します。
Creates from an array of wxAcceleratorEntry objects.
wxAcceleratorTable(const wxString& resource)
Windows リソースからアクセラレータテーブルを読み込みます (Windows のみ)。
Loads the accelerator table from a Windows resource (Windows only).

引数
Parameters

n
アクセラレータのエントリの数。
Number of accelerator entries.
entries
エントリの配列。
The array of entries.
resource
Windows アクセラレータの名前。
Name of a Windows accelerator.
wxPython note: wxPython のコンストラクタは wxAcceleratorEntry のリスト、 または wxAcceleratorEntry のコンストラクタのように flags、 keyCode、 cmd の 3 つからなる 3 つ組のリストを受け付けます。
The wxPython constructor accepts a list of wxAcceleratorEntry objects, or 3-tuples consisting of flags, keyCode, and cmd values like you would construct wxAcceleratorEntry objects with.
wxPerl note: wxPerl のコンストラクタは Wx::AcceleratorEntry のリストか、 Wx::AcceleratorEntry::new の引数のように 3 つの要素 (flags、 keyCode、 cmd) の配列へのリファレンスのリストのいずれかを受け付けます。
The wxPerl constructor accepts a list of either Wx::AcceleratorEntry objects or references to 3-element arrays ( flags, keyCode, cmd ), like the parameters of Wx::AcceleratorEntry::new.

wxAcceleratorTable::~wxAcceleratorTable

~wxAcceleratorTable()
wxAcceleratorTable オブジェクトを破壊します。 より詳しい情報は 参照カウントオブジェクトの破壊 を 参照してください。
Destroys the wxAcceleratorTable object. See reference-counted object destruction for more info.

wxAcceleratorTable::IsOk

bool IsOk() const
有効なアクセラレータテーブルなら true を返します。
Returns true if the accelerator table is valid.

wxAcceleratorTable::operator =

wxAcceleratorTable& operator =(const wxAcceleratorTable& accel)
代入演算子。 参照カウント を利用します。
Assignment operator, using reference counting.

引数
Parameters

accel
代入するアクセラレータテーブル。
Accelerator table to assign.

戻り値
Return value

このオブジェクトのリファレンスを返します。
Returns a reference to this object.