2.6 系ドキュメントの翻訳作業について

細々とやっていきます...協力者随時募集.

2.6 系列の翻訳作業は,2.4 とは少し違った方法で進めます. 大きな違いは

メンテナ

ymasuda at sourceforge.jp

Note

メンテナを分担して下さる方は WJP-dev ML に参加の上, ご連絡ください.

ソースを手に入れる

SourceForge の CVS に,wxwidgetsから取り出したドキュメントソース ツリーがあります.取り出し時のリビジョンは WX_2_5_3 ですが, latex ディレクトリ以下は WX_2_6_0 の内容に差し替えられています.

メンテナでない (commit権限をもたない) 人:

> export CVSROOT=pserver:cvs.sourceforge.jp:/cvsroot/wxwindowsjp 
> cvs login
> cvs co doc_jp/latex/wx

メンテナ:

> export CVSROOT=ext:username@cvs.sourceforge.jp:/cvsroot/wxwindowsjp 
> cvs co doc_jp/latex/wx

TeX での編集が面倒な人は,公開されている HTML ファイルをダウンロード して翻訳してください.

翻訳する

投稿する

SourceForge の wxwindowsjp プロジェクトページにある, パッチマネジャ にアクセスします. (SourceForge ID を持っている人は ログインしてください.左にあるメニューから「新規登録」を選び,フォーム から送信してください.翻訳成果は添付ファイルとして送信するか, 「詳細な内容」にペーストしてください.

ドキュメントのコンパイル

私の手元の環境では,とりあえず platex + dvipdfm を使った PDF 生成と, latex2html を使った HTML の生成に成功しています.

platex のバージョン:

$ platex --version
pTeX (Web2C 7.4.5) 3.14159-p3.1.3 (EUC)
kpathsea version 3.4.5

latex2html のバージョン:

$ latex2html --version
This is jLaTeX2HTML Version 2002-2-1 (1.70) JA patch-2.0
by Kenshi Muto, Debian Project.

Original LaTeX2HTML Version 2002-2-1 (1.70)
by Nikos Drakos, Computer Based Learning Unit, University of Leeds.

ドキュメント全体のコンパイルに, PDF で 2-3 分程度,HTML では 20 分程度かかります.