Contents Up Previous Next 原文へのリンク

wxWidgets のサンプル wxWidgets samples

wxWidgets を学習するための最も良い方法は提供された50以上のサンプルのソースを読むことでしょう。 wxWidgets プログラミングの多くの面はこれらのサンプルから学べますが、見たいと思っているサンプルをなかなか見つけられない場合があります。 この概要は、全ソースにわたる簡単な grep が役に立たない場合、適切なサンプルの発見を容易にする為に、それぞれのサンプルの内容を紹介するのを目的としています。 また、サンプルの使用についての幾つかの注意点とサンプルが紹介してくれる wxWidgets の特徴が述べられています。
Probably the best way to learn wxWidgets is by reading the source of some 50+ samples provided with it. Many aspects of wxWidgets programming can be learnt from them, but sometimes it is not simple to just choose the right sample to look at. This overview aims at describing what each sample does/demonstrates to make it easier to find the relevant one if a simple grep through all sources didn't help. They also provide some notes about using the samples and what features of wxWidgets are they supposed to test.

現在、wxWidgets の部分として50以上のさまざまなサンプルがあり、このリストは完全ではありません。 "Hello, world!"の wxWidgets 版である minimal sample から wxWidgets ツアーを始めてみましょう。 このサンプルを見ることで wxWidgets プログラムの基本構造を知ることが可能で、全サンプル中最もありふれたサンプルとなっています (このソースコードを見るのをお勧めします) 。
There are currently more than 50 different samples as part of wxWidgets and this list is not complete. You should start your tour of wxWidgets with the minimal sample which is the wxWidgets version of "Hello, world!". It shows the basic structure of wxWidgets program and is the most commented sample of all - looking at its source code is recommended.

次に役に立つサンプルは、ボタン、リストボックス、チェックボックス、コンボボックス等の wxWidgets の基本コントロールを見せてくれるサンプル controls でしょう。
The next most useful sample is probably the controls one which shows many of wxWidgets standard controls, such as buttons, listboxes, checkboxes, comboboxes etc.

他にもより複雑なコントロールのサンプルがあります。この章では以下のそれぞれのコントロールに対応したサンプルを見ることが出来るでしょう。
Other, more complicated controls, have their own samples. In this category you may find the following samples showing the corresponding controls:

wxCalendarCtrl
カレンダー。別名日付選択コントロール。
Calendar a.k.a. date picker control
wxListCtrl
リストビューコントロール
List view control
wxTreeCtrl
ツリービューコントロール
Tree view control
wxGrid
グリッドコントロール
Grid control

最後に、興味を持ったコントロールを見せてくれるサンプルを名前から見つけることが出来ないのなら、サンプルのディレクトリ全体を検索してみるといいかもしれません。 wxWidgets のクラスのほとんどには、少なくとも一つのサンプルがあります。
Finally, it might be helpful to do a search in the entire sample directory if you can't find the sample you showing the control you are interested in by name. Most of wxWidgets classes, occur in at least one of the samples.

Minimal sample
Art provider sample
Calendar sample
Checklist sample
Config sample
Controls sample
Database sample
Dialogs sample
Dialup sample
DnD sample
Dynamic sample
Event sample
Exec sample
Font sample
Grid sample
HTML samples
Image sample
Internat(ionalization) sample
Layout sample
Listctrl sample
Rotate sample
Scroll subwindow sample
Sockets sample
Statbar sample
Text sample
Thread sample
Toolbar sample
Treectrl sample
Wizard sample


Minimal sample

Minimal sample は「Hello World」という言葉としてほとんどの人が知っている、 "hello" ダイアログ を表示するプログラムを書くのに必要なもの以外には何も紹介しない、という最小のプログラムです。 このサンプルは wxWidgets の使い方を学び始めるのにもってこいのサンプルです。
The minimal sample is what most people will know under the term Hello World, i.e. a minimal program that doesn't demonstrate anything apart from what is needed to write a program that will display a "hello" dialog. This is usually a good starting point for learning how to use wxWidgets.


Art provider sample

artprov サンプルはデフォルトのビットマップやアイコンをあなた自身のもので置き換えることによって、基本的な wxWidgets のダイアログの外観をカスタマイズできる方法を紹介してくれます。 また、アプリケーションで使用するために、ストックされたビットマップを取得する wxArtProvider の使い方も紹介します。
The artprov sample shows how you can customize the look of standard wxWidgets dialogs by replacing default bitmaps/icons with your own versions. It also shows how you can use wxArtProvider to get stock bitmaps for use in your application.


Calendar sample

このサンプルはcalendar controlの動作を紹介します。 カレンダーコントロールの設定方法(カレンダーメニューの別のオプションを見てください)と コントロールからの通知(notification)を処理する方法を示してくれます。
This font shows the calendar control in action. It shows how to configure the control (see the different options in the calendar menu) and also how to process the notifications from it.


Checklist sample

このサンプルは、チェック、セレクトとダブルクリック・イベントをインターセプトしている wxCheckListBox クラスの使い方を示します。 それも、アイテムの削除、挿入のようなコントロールの修正等の様々な方法での使用をテストします(サンプルがそのクラスをテストするために、これらの機能は親クラス wxListBox の中で実際にインプリメントされます)。 wxBoxSizer を使ってつくられるダイアログのレイアウトは、単純なダイナミックなレイアウトを示しています。
This sample demonstrates the use of the wxCheckListBox class intercepting check, select and double click events. It also tests the use of various methods modifying the control, such as by deleting items from it or inserting new once (these functions are actually implemented in the parent class wxListBox so the sample tests that class as well). The layout of the dialog is created using a wxBoxSizer demonstrating a simple dynamic layout.


Config sample

このサンプルは、プラットホームから独立したやり方で wxConfig クラスを示します。 すなわち、Unix 環境下では、与えられた構成をテキスト・ベースのファイルを使ってたくわえ、Windows 環境下ではレジストリを使います。
This sample demonstrates the wxConfig classes in a platform independent way, i.e. it uses text based files to store a given configuration under Unix and uses the Registry under Windows.

このクラスの全ての特徴については、wxConfig クラスの概要をご覧下さい。
See wxConfig overview for the descriptions of all features of this class.


Controls sample

Controls sample は wxWidgets の中で使用されるほとんどの単純なコントロールのための主要なテスト・プログラムです。 サンプルは、イベント、配置、コントロールをプログラムによって変更する可能性だけでなく、 色とフォントに関する修正、リストボックスなどにアイテムを加える等の基礎的な機能性をテストします。 それとは別に、このサンプルは wxNotebook を使ってこの特殊なコントロールの大部分の特徴をテストします。 (タブの中でビットマップを使用したり、ノート・ページの内部で wxSizersconstraints を使ったり、 プログラムによってページを進めたり、そして、wxNotebookEvent をインターセプトしページの変更を拒否したりしてます。)
The controls sample is the main test program for most simple controls used in wxWidgets. The sample tests their basic functionality, events, placement, modification in terms of colour and font as well as the possibility to change the controls programmatically, such as adding item to a list box etc. Apart from that, the sample uses a wxNotebook and tests most features of this special control (using bitmap in the tabs, using wxSizers and constraints within notebook pages, advancing pages programmatically and vetoing a page change by intercepting the wxNotebookEvent.

テストされた様々なコントロールの一覧は以下になります:
The various controls tested are listed here:

wxButton
テキストを表示した、プッシュボタン・コントロール。
Push button control, displaying text
wxBitmapButton
ビットマップを表示した、プッシュボタン・コントロール。
Push button control, displaying a bitmap
wxCheckBox
チェックボックス・コントロール
Checkbox control
wxChoice
選択コントロール(編集エリアのないコンボボックス)
Choice control (a combobox without the editable area)
wxComboBox
編集エリア付き選択コントロール
A choice with an editable area
wxGauge
残時間等の様々な量を表現するコントロール
A control to represent a varying quantity, such as time remaining
wxStaticBox
スタティック、または関連するコントロールを視覚的にグルーピングするためのボックス
A static, or group box for visually grouping related controls
wxListBox
シングル、または、マルチセレクト可能な文字列のリスト
A list of strings for single or multiple selection
wxSpinCtrl
テキストフィールド、アップダウンコントロール付きスピンコントロール
A spin ctrl with a text field and a 'up-down' control
wxSpinButton
スピン、もしくはアップダウンコントロール
A spin or 'up-down' control
wxStaticText
一行、または、複数行の編集不可テキスト
One or more lines of non-editable text
wxStaticBitmap
ビットマップを表示するコントロール
A control to display a bitmap
wxRadioBox
ラジオボタングループ
A group of radio buttons
wxRadioButton
他のものと相互に排他的な方法で使用する丸いボタン
A round button to be used with others in a mutually exclusive way
wxSlider
ユーザがドラッグ出来るスライダ
A slider that can be dragged by the user

訳者注:wxSpinCtrl へのリンクが原文には張られてなかったため補いました。


Database sample

Database sample は、Remstar Intl によって書かれた ODBC クラスの使い方を示す小さなテストプログラムです。 明らかに、このサンプルは正しくあなたのシステム上にインストールされた ODBC サポートとデータベースを要求します。
The database sample is a small test program showing how to use the ODBC classes written by Remstar Intl. Obviously, this sample requires a database with ODBC support to be correctly installed on your system.


Dialogs sample

このサンプルは、wxWidgets から利用できるコモンダイアログを扱う方法を示します。 これらのダイアログについては、コモンダイアログの概要に詳細が記述されています。
This sample shows how to use the common dialogs available from wxWidgets. These dialogs are described in details in the Common dialogs overview.


Dialup sample

このサンプルは、wxDialUpManager クラスを示します。 具体的には、現在の接続ステータス (オンライン、オフライン)、そして、常時接続 (その場合、文字列 'LAN' はステータスバーの 3 番目のフィールドに表示されます - しかし、次のことに注意してください。 あなたがインターネットに接続していない LAN 上にいる場合これは表示されません。) であるかどうかに関係なくステータスバーに、そのインターフェイスを通して集められた情報を表示します。
This sample shows wxDialUpManager class. It displays in the status bar the information gathered through its interface: in particular, the current connection status (online or offline) and whether the connection is permanent (in which case a string 'LAN' appears in the third status bar field - but note that you may have be on a LAN not connected to the Internet, in which case you will not see this) or not.

メニューエントリーを使って、もしあなたがモデムを持っているなら回線への接続と切断、 そして、(これは Windodws 版だけの機能だが) 有効な接続を一覧表示することも出来ます。
Using the menu entries, you may also dial or hang up the line if you have a modem attached and (this only makes sense for Windows) list the available connections.


DnD sample

このサンプルは、その動作の中でクリップボードとドラッグアンドドロップの両方を示します。 これは、なかなかに重要なことだ、実際のプログラムの中で、 クリップボード、また、ドラッグアンドドロップ操作の実装の基礎として安全に使うことが出来る。
This sample shows both clipboard and drag and drop in action. It is quite non trivial and may be safely used as a basis for implementing the clipboard and drag and drop operations in a real-life program.

サンプルを実行すると、それの画面は幾つかのパーツに分けられています。 一番上には、wxDropTarget の標準の派生、 wxTextDropTargetwxFileDropTarget を示す2つのリストボックスがあります。
When you run the sample, its screen is split in several parts. On the top, there are two listboxes which show the standard derivations of wxDropTarget: wxTextDropTarget and wxFileDropTarget.

サンプルウィンドウの真中は、何が起こっているのかを (当然、これはデバッグビルドの場合だけ機能する) 、また、データ転送のステップシーケンスをみる事ができるログウィンドウが占めています。
The middle of the sample window is taken by the log window which shows what is going on (of course, this only works in debug builds) and may be helpful to see the sequence of steps of data transfer.

最後に、下のパーツは、テキストをそこからリストボックス (それを受け付けるのはいずれかの一つ) か、他のアプリケーションにドラッグできるようになっています。 メインフレームから利用できる最後の機能は、 クリップボードからビットマップ (または、Windows の場合メタファイルも) を貼り付けることです。 そしてそれは、新しいフレームの中に表示されます。
Finally, the last part is used for dragging text from it to either one of the listboxes (only one will accept it) or another application. The last functionality available from the main frame is to paste a bitmap from the clipboard (or, in the case of Windows version, also a metafile) - it will be shown in a new frame.

これまでのところ、私たちが言及したことはすべて標準のwxWidgetsクラスを使用して、最小限のコードで実装されています。 あなたがメインフレーム・メニューからシェイプフレームを作成すれば、より先進的な機能を試すことが出来ます。 シェイプは位置、サイズおよび色を持った幾何学的なオブジェクトです。 それは、このサンプル中のあるアプリケーション固有のいくつかデータをモデル化します。 シェイプオブジェクトは、 カットアンドペーストや、サンプルインスタンスの一つから、他のもの (それか、同じインスタンス) へのドラッグアンドドロップ (同じもの同士か、違う種類のシェイプの間で) を行えることを意味する、 それ自身のプライベート wxDataFormat をサポートします。 しかし、他のプログラムがこのフォーマットをサポートしない可能性があります、 そこで、多くのほかのアプリケーションにペースト/ドロップが行えるように、 ビットマップとしてシェープを提出することが出来ます (また、Windows 環境において、大部分のアプリケーションプログラムはメタファイルもまたサポートされます。 - 例えば、Write/Wordpad で試してみてください。)。
So far, everything we mentioned was implemented with minimal amount of code using standard wxWidgets classes. The more advanced features are demonstrated if you create a shape frame from the main frame menu. A shape is a geometric object which has a position, size and color. It models some application-specific data in this sample. A shape object supports its own private wxDataFormat which means that you may cut and paste it or drag and drop (between one and the same or different shapes) from one sample instance to another (or the same). However, chances are that no other program supports this format and so shapes can also be rendered as bitmaps which allows them to be pasted/dropped in many other applications (and, under Windows, also as metafiles which are supported by most of Windows programs as well - try Write/Wordpad, for example).

wxDataObject の使い方については、DnDShapeDataObject クラスをご覧下さい。
Take a look at DnDShapeDataObject class to see how you may use wxDataObject to achieve this.


Dynamic sample

このサンプルは、 wxEvtHandler::Connect メソッドをデモするとても小さなサンプルです。 このメソッドは、コンパイル時にどのコントロールがどのイベントを受けるか、 または、どのコントロールが実際にダイアログかフレームに入るかが解らない時に使用されるはずです。 最も典型的なのは、何かしらのスクリプト言語が wxWidgets のラッパーとして働いたり、 または、ユーザによってフォームやデータグラムのようなものが作成されるプログラムの場合です。
This sample is a very small sample that demonstrates the use of the wxEvtHandler::Connect method. This method should be used whenever it is not known at compile time, which control will receive which event or which controls are actually going to be in a dialog or frame. This is most typically the case for any scripting language that would work as a wrapper for wxWidgets or programs where forms or similar datagrams can be created by the uses.

event sample もご覧ください。
See also the event sample


Event sample

Event サンプルは、wxWidgets イベントの様々な特徴を示します。 これは動的イベント、実行時中のイベントハンドラの接続/切断、そして、 PushEventHandler() と、 PopEventHandler() の使い方を示します。
The event sample demonstrates various features of the wxWidgets events. It shows using dynamic events and connecting/disconnecting the event handlers during the run time and also using PushEventHandler() and PopEventHandler().

これは、旧 dynamic サンプルをリプレースしました。
It replaces the old dynamic sample.


Exec sample

exec サンプルは、 wxExecutewxShell 関数をデモンストレーションします。 両方とも外部プログラムの実行するために使用されます、 そして、サンプルはプロセスを同期(プログラムが終了するまでウェイト)、 または非同期(終了後通知を受ける)で実行する方法を示します。
The exec sample demonstrates the wxExecute and wxShell functions. Both of them are used to execute the external programs and the sample shows how to do this synchronously (waiting until the program terminates) or asynchronously (notification will come later).

また、これは同期/非同期それぞれのケースにおいて、子プロセスの出力を取得する方法を示します、 そして、 wxProcess::Kill を使用してのプロセスの停止と、それらの存在を wxProcess::Exists を使用してテストする方法を示します。
It also shows how to capture the output of the child process in both synchronous and asynchronous cases and how to kill the processes with wxProcess::Kill and test for their existence with wxProcess::Exists.


Font sample

font サンプルは、 wxFontwxFontEnumerator、そして wxFontMapper クラスのデモンストレーションを行います。 それは、あなたがコンピュータ上の(wxWidgetsに対して)有効なフォントをみる事ができ、 そして、選択されたフォントの全てのキャラクタを表示します。
The font sample demonstrates wxFont, wxFontEnumerator and wxFontMapper classes. It allows you to see the fonts available (to wxWidgets) on the computer and shows all characters of the chosen font as well.


Grid sample

TODO.


HTML samples

8 つの HTML サンプル(samples/html ディレクトリにあります)は、 HTML サブライブラリの全ての機能をカバーしています。
Eight HTML samples (you can find them in directory samples/html) cover all features of HTML sub-library.

Test は、wxHtmlWindow の作成方法と、 殆どのサポートされている HTML タグのデモンストレーションを行います。
Test demonstrates how to create wxHtmlWindow and also shows most of supported HTML tags.

Widget は、どうすればあなたが通常のコントロールまたは、 ウィンドウを HTML ページに組みことが出来るかを示します。 また、これは、新しいタグのハンドラを記述し、 未サポートタグをライブラリの仕事に拡張する方法を上手く説明しています。
Widget shows how you can embed ordinary controls or windows within HTML page. It also nicely explains how to write new tag handlers and extend the library to work with unsupported tags.

About は、あなたにカッコイイアバウトボックスの作り方のアイデアを与えるでしょう。
About may give you an idea how to write good-looking about boxes.

Zip は、wxHTML でバーチャルファイルシステムの使い方をデモンストレーションします。 まるでそれらが普通のファイルかのように、(wxWidgetsの) Zip アーカイブハンドラによって、 あなたは圧縮されたアーカイブに保管された HTML ページにアクセスすることが出来ます。
Zip demonstrates use of virtual file systems in wxHTML. The zip archives handler (ships with wxWidgets) allows you to access HTML pages stored in compressed archive as if they were ordinary files.

Virtual は、また別のバーチャルファイルシステムのデモです。 これは実行時にページを生成します。 もし、あなたがあなたのアプリケーションの中でいくらかのレポートを表示したいのなら、 あなたは、これが役に立つことに気付くでしょう。
Virtual is yet another virtual file systems demo. This one generates pages at run-time. You may find it useful if you need to display some reports in your application.

Printing は、複雑な手続き無しに HTML ドキュメントの印刷を行う、 とても簡単なインターフェイスの役目を果たす wxHtmlEasyPrinting クラスの使い方を説明します。 実際、僅かな関数コールしか必要しません。
Printing explains use of wxHtmlEasyPrinting class which serves as as-simple-as-possible interface for printing HTML documents without much work. In fact, only few function calls are sufficient.

HelpHelpview は、HTML ヘルプ(MS HTML ヘルプワークショップ互換) を表示する上でのバリエーションです。 Helpview は、ヘルプウィンドウのポップアップ、 コマンドラインから与えられたへプルブックの表示だけを行う単純なツールなのに対して、 Help は、wxHtmlHelpController をあなたのアプリケーションに組み込む方法を示します。
Help and Helpview are variations on displaying HTML help (compatible with MS HTML Help Workshop). Help shows how to embed wxHtmlHelpController in your application while Helpview is simple tool that only pops up help window and displays help books given at command line.


Image sample

image サンプルは wxImage クラスの使い方を示し、様々なフォーマット、 今のところ、PNG、GIF、TIFF、JPEG、BMP、PNM そして PCX をどのようにしてイメージにダウンロードするべきかを教えます。 一番シンプルなのは長方形を表示する奴でしょう、 一つは、直接ウィンドウの中に描画され、 もう一つは、 PNG ファイルのロード・セーブのテストとして wxImage と wxBitmap 間で変換を行い PNG ファイルとして保存、 そしてその PNG ファイルから読み込み wxBitmap の中に描画しています。
The image sample demonstrates the use of the wxImage class and shows how to download images in a variety of formats, currently PNG, GIF, TIFF, JPEG, BMP, PNM and PCX. The top of the sample shows to rectangles, one of which is drawn directly in the window, the other one is drawn into a wxBitmap, converted to a wxImage, saved as a PNG image and then reloaded from the PNG file again so that conversions between wxImage and wxBitmap as well as loading and save PNG files are tested.

メインフレーの下では、 wxMemoryDC の中に描画することによるモノクロビットマップのテストをしています。 そのビットマップは、 wxDC::SetTextForegroundwxDC::SetTextBackground で前景、背景を指定することにより描画されます。 そしてそのビットマップは、wxImage に変換され、 前景色(黒)は wxImage::Replace を使用して赤に置換しています。
訳注:多分この記述は古い臭いです。 現在は緑/赤を赤/白に、赤/緑を赤/白に変換しています。 - v3.4.1 + patch1
At the bottom of the main frame is a test for using a monochrome bitmap by drawing into a wxMemoryDC. The bitmap is then drawn specifying the foreground and background colours with wxDC::SetTextForeground and wxDC::SetTextBackground (on the left). The bitmap is then converted to a wxImage and the foreground colour (black) is replaced with red using wxImage::Replace.


Internat(ionalization) sample

わかり易くは無いが、internat と名づけられたサンプルが、 wxWindwos の国際化(以降 i18n と略します)機能をデモンストレーションします。 より正確に言うと、これは地域化(ローカライゼーション)を行うだけです。 すなわち、本当の i18n がプログラムの動作のほかの面を変えることまで含むのに対して、 これはプログラムのメッセージを他の言語に翻訳することをサポートします。
The not very clearly named internat sample demonstrates the wxWidgets internatationalization (i18n for short from now on) features. To be more precise, it only shows localization support, i.e. support for translating the program messages in another language while true i18n would also involve changing the other aspects of the programs behaviour.

これ以上のこのサンプルの情報は、それと同じディレクトリにある readme.txt ファイルの中から見つけることが出来ます。 国際化(i18n) の概要 もご覧下さい。
More information about this sample can be found in the readme.txt file in its directory. Please see also i18n overview.


Layout sample

Layout サンプルは、wxWidgets によって提供される二つの違うレイアウトをデモンストレーションします。 プログラムを開始した時、あなたはいくつかのコントロールと、いくつかのグラフィックを持ったフレームを見るでしょう。 あなたがそのフレームの大きさを変更するときはいつでも、そのコントロール達はサイズを(適切なサイズへ)変更します。 そして、サイズの変更の厳密なふるまいは wxLayoutConstraints クラスを使用して決定されます。 詳細な情報については、 overview と、 wxIndividualLayoutConstraint を参照してください。
The layout sample demonstrates the two different layout systems offered by wxWidgets. When starting the program, you will see a frame with some controls and some graphics. The controls will change their size whenever you resize the entire frame and the exact behaviour of the size changes is determined using the wxLayoutConstraints class. See also the overview and the wxIndividualLayoutConstraint class for further information.

このサンプルの中のメニューはさらに二つのテストを提供します。 一つは、サンプルダイアログの中で wxBoxSizer の使い方を示し、もう一つは wxNotebook クラスに関連した Sizer の使い方を示しています。 wxNotebookSizerwxSizer も参照してください。
The menu in this sample offers two more tests, one showing how to use a wxBoxSizer in a simple dialog and the other one showing how to use sizers in connection with a wxNotebook class. See also wxNotebookSizer and wxSizer.


Listctrl sample

このサンプルは wxListCtrl コントロールを示します。 そのコントロール(リスト、アイコン、スモールアイコン、リピート) によってサポートされた、異なるモードはメニューから選択することができます。
This sample shows wxListCtrl control. Different modes supported by the control (list, icons, small icons, report) may be chosen from the menu.

またこのサンプルは、コントロールに多くの(数千の)追加/削除/ソートをコントロールすることも提供します。
The sample also provides some timings for adding/deleting/sorting a lot of (several thousands) controls into the control.


Rotate sample

これは、 wxImage::Rotate メソッドを用いてイメージを回転させる方法を示す単純なサンプルです。 回転は、より速く動作する補間無し(右マウスボタン)と、 遅くなるがよりよい結果を出す補間付き(左マウスボタン)で行うことが出来ます。
右クリックと左クリックの記述が逆になっているようなので、訂正しました。
This is a simple example which demonstrates how to rotate an image with the wxImage::Rotate method. The rotation can be done without interpolation (left mouse button) which will be faster, or with interpolation (right mouse button) which is slower but gives better results.


Scroll subwindow sample

このサンプルは、 簡単な描画処理と、サブウィンドウを含んだ wxScrolledWindow クラスの使い方のデモンストレーションです。 これは、 SetTargetWindow メソッドを使用します、スクロールの効果はスクロールウィンドウでは現れませんが、 その中のサブウィンドウで現れます。
This sample demonstrates the use of the wxScrolledWindow class including placing subwindows into it and drawing simple graphics. It uses the SetTargetWindow method and thus the effect of scrolling does not show in the scrolled window itself, but in one of its subwindows.

また、このサンプルは 具体的にwxWindow::IsExposedメソッドを用い、 不必要なウィンドウの描画とスクリーンのちらつき(フリッカー)を軽減、または削除することを狙った、 wxWindwos の描画の最適化の方法を示しています。
Additionally, this samples demonstrates how to optimize drawing operations in wxWidgets, in particular using the wxWindow::IsExposed method with the aim to prevent unnecessary drawing in the window and thus reducing or removing flicker on screen.


Sockets sample

The sockets sample demonstrates how to use the communication facilities provided by wxSocket. There are two different applications in this sample: a server, which is implemented using a wxSocketServer object, and a client, which is implemented as a wxSocketClient.

The server binds to the local address, using TCP port number 3000, sets up an event handler to be notified of incoming connection requests (wxSOCKET_CONNECTION events), and stands there, waiting for clients (listening in the socket parlance). For each accepted connection, a new wxSocketBase object is created. These socket objects are independent from the server that created them, so they set up their own event handler, and then request to be notified of wxSOCKET_INPUT (incoming data) or wxSOCKET_LOST (connection closed at the remote end) events. In the sample, the event handler is the same for all connections; to find out which socket the event is addressed to, the GetSocket function is used.

Although it might take some time to get used to the event-oriented system upon which wxSocket is built, the benefits are many. See, for example, that the server application, while being single-threaded (and of course without using fork() or ugly select() loops) can handle an arbitrary number of connections.

The client starts up unconnected, so you can use the Connect... option to specify the address of the server you are going to connect to (the TCP port number is hard-coded as 3000). Once connected, a number of tests are possible. Currently, three tests are implemented. They show how to use the basic IO calls in wxSocketBase, such as Read, Write, ReadMsg and WriteMsg, and how to set up the correct IO flags depending on what you are going to do. See the comments in the code for more information. Note that because both clients and connection objects in the server set up an event handler to catch wxSOCKET_LOST events, each one is immediately notified if the other end closes the connection.

There is also an URL test which shows how to use the wxURL class to fetch data from a given URL.

The sockets sample is work in progress. Some things to do:


Statbar sample

このサンプルは wxStatusBar の生成と使い方を示しています。 殆どのサンプルがステータスバーを持っていますが、 それらはデフォルトのものの生成を行うだけです。
This sample shows how to create and use wxStatusBar. Although most of the samples have a statusbar, they usually only create a default one and only do it once.

ここで、ステータスバーの再生成(おそらくフィールド数の違うもの)の方法、 アイコン/ビットマップの表示(と|または)任意のコントロールをそれの中に入れる方法を見ることが出来るでしょう。
Here you can see how to recreate the statusbar (with possibly different number of fields) and how to use it to show icons/bitmaps and/or put arbitrary controls into it.


Text sample

This sample demonstrates four features: firstly the use and many variants of the wxTextCtrl class (single line, multi line, read only, password, ignoring TAB, ignoring ENTER).

Secondly it shows how to intercept a wxKeyEvent in both the raw form using the EVT_KEY_UP and EVT_KEY_DOWN macros and the higher level from using the EVT_CHAR macro. All characters will be logged in a log window at the bottom of the main window. By pressing some of the function keys, you can test some actions in the text ctrl as well as get statistics on the text ctrls, which is useful for testing if these statistics actually are correct.

Thirdly, on platforms which support it, the sample will offer to copy text to the wxClipboard and to paste text from it. The GTK version will use the so called PRIMARY SELECTION, which is the pseudo clipboard under X and best known from pasting text to the XTerm program.

Last not least: some of the text controls have tooltips and the sample also shows how tooltips can be centrally disabled and their latency controlled.


Thread sample

This sample demonstrates the use of threads in connection with GUI programs. There are two fundamentally different ways to use threads in GUI programs and either way has to take care of the fact that the GUI library itself usually is not multi-threading safe, i.e. that it might crash if two threads try to access the GUI class simultaneously. One way to prevent that is have a normal GUI program in the main thread and some worker threads which work in the background. In order to make communication between the main thread and the worker threads possible, wxWidgets offers the wxPostEvent function and this sample makes use of this function.

The other way to use a so called Mutex (such as those offered in the wxMutex class) that prevent threads from accessing the GUI classes as long as any other thread accesses them. For this, wxWidgets has the wxMutexGuiEnter and wxMutexGuiLeave functions, both of which are used and tested in the sample as well.

See also Multithreading overview and wxThread.


Toolbar sample

The toolbar sample shows the wxToolBar class in action.

The following things are demonstrated:

Some buttons in the main toolbar are check buttons, i.e. they stay checked when pressed. On the platforms which support it, the sample also add a combobox to the toolbar showing how you can use arbitrary controls and not only buttons in it.

If you toggle another toolbar in the sample (using Ctrl-A) you will also see the radio toolbar buttons in action: the first three buttons form a radio group, that is checking any of them automatically unchecks the previously checked one.


Treectrl sample

This sample demonstrates using wxTreeCtrl class. Here you may see how to process various notification messages sent by this control and also when they occur (by looking at the messages in the text control in the bottom part of the frame).

Adding, inserting and deleting items and branches from the tree as well as sorting (in default alphabetical order as well as in custom one) is demonstrated here as well - try the corresponding menu entries.


Wizard sample

This sample shows so-called wizard dialog (implemented using wxWizard and related classes). It shows almost all features supported: