Contents Up Previous Next 原文へのリンク

wxWindow

wxWindow は、すべてのウィンドウのベースクラスである。 ウィンドウ自身がデリートされる前に、ウィンドウのあらゆる子は、 デストラクタによって自動的にデリートされるだろう。
wxWindow is the base class for all windows. Any children of the window will be deleted automatically by the destructor before the window itself is deleted.

Derived from

wxEvtHandler
wxObject

Include files

<wx/window.h>

Window styles

特別なウィンドウクラスや、すべてのプラットフォームで、常に意味を成すわけではないが、 次のスタイルは、すべてのウィンドウに適用することができる。

The following styles can apply to all windows, although they will not always make sense for a particular window class or on all platforms.

wxSIMPLE_BORDER
ウィンドウの周りに細いボーダーを表示する。 wxBORDERは、このスタイルの古い名前である。
Displays a thin border around the window. wxBORDER is the old name for this style.
wxDOUBLE_BORDER
二重のボーダーを表示する。Windowsのみ。
Displays a double border. Windows only.
wxSUNKEN_BORDER
くぼんだボーダーを表示する。
Displays a sunken border.
wxRAISED_BORDER
浮き出しのボーダーを表示する。GTKのみ。
Displays a raised border. GTK only.
wxSTATIC_BORDER
スタティックコントロールに適したボーダーを表示する。Windowsのみ。
Displays a border suitable for a static control. Windows only.
wxTRANSPARENT_WINDOW
ウィンドウは透明である、すなわちペイントイベントを受け取らないだろう。 Windowsのみ。
The window is transparent, that is, it will not receive paint events. Windows only.
wxNO_3D
「application-wide policy」が3Dコントロールのためのものであったとしても、 このウィンドウの子が、3Dスタイルになるのを妨げる。 Windowsのみ。
Prevents the children of this window taking on 3D styles, even though the application-wide policy is for 3D controls. Windows only.
wxTAB_TRAVERSAL
ノンダイアログウィンドウでタブトラバーサルを可能にする。
Use this to enable tab traversal for non-dialog windows.
wxWANTS_CHARS
ウィンドウが、すべての char event を得たいことを示す。 (たいていは、ダイアログナビゲーションのために使われ、 そして、このスタイル無しでは発生しない、TABやENTERのようなキーでさえ)
Use this to indicate that the window wants to get all char events - even for keys like TAB or ENTER which are usually used for dialog navigation and which wouldn't be generated without this style
wxNO_FULL_REPAINT_ON_RESIZE
リサイズ時の、完全なウィンドウの再描画を無効にする。 このスタイルを使う場合は、手動で新しいウィンドウ領域を再描画しなければならないだろう。 現在は、Windowsのみ効果がある。
Disables repainting the window completely when its size is changed - you will have to repaint the new window area manually if you use this style. Currently only has an effect for Windows.
wxVSCROLL
垂直スクロールバーを有効にする(まだ使われている?)
Use this style to enable a vertical scrollbar. (Still used?)
wxHSCROLL
水平スクロールバーを有効にする(まだ使われている?)
Use this style to enable a horizontal scrollbar. (Still used?)
wxCLIP_CHILDREN
子が描画されるときに、 背景が再描画されることによって起こる「ちらつき」を除去する。
Use this style to eliminate flicker caused by the background being repainted, then children being painted over them. Windows only.

See also window styles overview.

See also

Event handling overview

Members

wxWindow::wxWindow
wxWindow::~wxWindow
wxWindow::AddChild
wxWindow::CaptureMouse
wxWindow::Center
wxWindow::CenterOnParent
wxWindow::CenterOnScreen
wxWindow::Centre
wxWindow::CentreOnParent
wxWindow::CentreOnScreen
wxWindow::Clear
wxWindow::ClientToScreen
wxWindow::Close
wxWindow::ConvertDialogToPixels
wxWindow::ConvertPixelsToDialog
wxWindow::Destroy
wxWindow::DestroyChildren
wxWindow::Disable
wxWindow::DragAcceptFiles
wxWindow::Enable
wxWindow::FindFocus
wxWindow::FindWindow
wxWindow::FindWindowById
wxWindow::FindWindowByName
wxWindow::FindWindowByLabel
wxWindow::Fit
wxWindow::FitInside
wxWindow::Freeze
wxWindow::GetAdjustedBestSize
wxWindow::GetBackgroundColour
wxWindow::GetBestSize
wxWindow::GetCaret
wxWindow::GetCapture
wxWindow::GetCharHeight
wxWindow::GetCharWidth
wxWindow::GetChildren
wxWindow::GetClientSize
wxWindow::GetConstraints
wxWindow::GetContainingSizer
wxWindow::GetDropTarget
wxWindow::GetEventHandler
wxWindow::GetExtraStyle
wxWindow::GetFont
wxWindow::GetForegroundColour
wxWindow::GetGrandParent
wxWindow::GetHandle
wxWindow::GetHelpText
wxWindow::GetId
wxWindow::GetLabel
wxWindow::GetName
wxWindow::GetParent
wxWindow::GetPosition
wxWindow::GetRect
wxWindow::GetScrollThumb
wxWindow::GetScrollPos
wxWindow::GetScrollRange
wxWindow::GetSize
wxWindow::GetSizer
wxWindow::GetTextExtent
wxWindow::GetTitle
wxWindow::GetUpdateRegion
wxWindow::GetValidator
wxWindow::GetVirtualSize
wxWindow::GetWindowStyleFlag
wxWindow::HasCapture
wxWindow::Hide
wxWindow::InitDialog
wxWindow::IsEnabled
wxWindow:IsExposed
wxWindow::IsRetained
wxWindow::IsShown
wxWindow::IsTopLevel
wxWindow::Layout
wxWindow::LoadFromResource
wxWindow::Lower
wxWindow::MakeModal
wxWindow::Move
wxWindow::PopEventHandler
wxWindow::PopupMenu
wxWindow::PushEventHandler
wxWindow::Raise
wxWindow::Refresh
wxWindow::RefreshRect
wxWindow::ReleaseMouse
wxWindow::RemoveChild
wxWindow::RemoveEventHandler
wxWindow::Reparent
wxWindow::ScreenToClient
wxWindow::ScrollLines
wxWindow::ScrollPages
wxWindow::ScrollWindow
wxWindow::SetAcceleratorTable
wxWindow::SetAutoLayout
wxWindow::SetBackgroundColour
wxWindow::SetCaret
wxWindow::SetClientSize
wxWindow::SetContainingSizer
wxWindow::SetCursor
wxWindow::SetConstraints
wxWindow::SetDropTarget
wxWindow::SetEventHandler
wxWindow::SetExtraStyle
wxWindow::SetFocus
wxWindow::SetFocusFromKbd
wxWindow::SetFont
wxWindow::SetForegroundColour
wxWindow::SetHelpText
wxWindow::SetId
wxWindow::SetName
wxWindow::SetPalette
wxWindow::SetScrollbar
wxWindow::SetScrollPos
wxWindow::SetSize
wxWindow::SetSizeHints
wxWindow::SetSizer
wxWindow::SetSizerAndFit
wxWindow::SetTitle
wxWindow::SetThemeEnabled
wxWindow::SetValidator
wxWindow::SetToolTip
wxWindow::GetToolTip
wxWindow::SetVirtualSize
wxWindow::SetVirtualSizeHints
wxWindow::SetWindowStyle
wxWindow::SetWindowStyleFlag
wxWindow::Show
wxWindow::Thaw
wxWindow::TransferDataFromWindow
wxWindow::TransferDataToWindow
wxWindow::Update
wxWindow::Validate
wxWindow::WarpPointer


wxWindow::wxWindow

wxWindow()

デフォルトコンストラクタ

Default constructor.

wxWindow(wxWindow* parent, wxWindowID id, const wxPoint& pos = wxDefaultPosition, const wxSize& size = wxDefaultSize, long style = 0, const wxString& name = wxPanelNameStr)

フレーム、ダイアログ、または、他のあらゆる非コントロールウィンドウの子になれる ウィンドウを構築する。
Constructs a window, which can be a child of a frame, dialog or any other non-control window.

Parameters

parent

id

pos

size

style

name


wxWindow::~wxWindow

~wxWindow()

デストラクタ。自分自身がデリートされるときに、すべてのサブウィンドウをデリートする。 明示的にdelete演算子を使う代わりに、 普通は、wxWindow::Destroyを使うべきである。 そうすることで、wxWidgetsは、アイドルタイム時の安全なときにのみ、ウィンドウをデリートできる。

Destructor. Deletes all subwindows, then deletes itself. Instead of using the delete operator explicitly, you should normally use wxWindow::Destroy so that wxWidgets can delete a window only when it is safe to do so, in idle time.

See also

Window deletion overview, wxWindow::Destroy, wxCloseEvent


wxWindow::AddChild

virtual void AddChild(wxWindow* child)

子ウィンドウを追加する。 これは、ウィンドウ作成関数によって、自動的に呼ばれる。 だから、プログラマが呼ぶべきでない。
Adds a child window. This is called automatically by window creation functions so should not be required by the application programmer.

Parameters

child


wxWindow::CaptureMouse

virtual void CaptureMouse()

すべてのマウス入力をこのウィンドウに向ける。 キャプチャを放すためには、wxWindow::ReleaseMouseを呼ぶ。

メモ:wxWidgetsは、ウィンドウがマウスをキャプチャしているスタックを保持し、 マウスが放されたとき、キャプチャは、以前にマウスをキャプチャしたウィンドウに戻す。 そして、以前のウィンドウがないなら、放される。 特に、このことは、マウスをキャプチャするのと同じだけ、マウスを放さなければならないことを意味する。

Directs all mouse input to this window. Call wxWindow::ReleaseMouse to release the capture.

Note that wxWidgets maintains the stack of windows having captured the mouse and when the mouse is released the capture returns to the window which had had captured it previously and it is only really released if there were no previous window. In particular, this means that you must release the mouse as many times as you capture it.

See also

wxWindow::ReleaseMouse


wxWindow::Center

void Center(int direction)

Centreに同じ。

A synonym for Centre.


wxWindow::CenterOnParent

void CenterOnParent(int direction)

CentreOnParentに同じ。

A synonym for CentreOnParent.


wxWindow::CenterOnScreen

void CenterOnScreen(int direction)

CentreOnScreenに同じ。

A synonym for CentreOnScreen.


wxWindow::Centre

void Centre(int direction = wxBOTH)

ウィンドウを中央に置く。
Centres the window.

Parameters

direction

wxCENTRE_FRAME フラグは古いので、使うべきではない(そのフラグは、効果がない)

The flag wxCENTRE_FRAME is obsolete and should not be used any longer (it has no effect).

Remarks

トップレベルウィンドウ(親を持たないウィンドウ)なら、 いずれにしてもスクリーンの中央に置かれるだろう。
If the window is a top level one (i.e. doesn't have a parent), it will be centered relative to the screen anyhow.

See also

wxWindow::Center


wxWindow::CentreOnParent

void CentreOnParent(int direction = wxBOTH)

ウィンドウを親の上で中央に置く。 これは、Centreのさらに読みやすい同義語である。

Centres the window on its parent. This is a more readable synonym for Centre.

Parameters

direction

Remarks

このメソッドは、スクリーン全体の代わりにそれらの親の上で、 トップレベルウィンドウを中央に配置する方法を提供する。 親がないか、トップレベルウィンドウでない場合は、 wxWindow::Centreと同じように振舞う。

This methods provides for a way to center top level windows over their parents instead of the entire screen. If there is no parent or if the window is not a top level window, then behaviour is the same as wxWindow::Centre.

See also

wxWindow::CentreOnScreen


wxWindow::CentreOnScreen

void CentreOnScreen(int direction = wxBOTH)

ウィンドウをスクリーン上で中央に配置する。 これは、トップレベルウィンドウでのみ働く。 そうでなければ、まだその親の中央に配置されるだろう。

Centres the window on screen. This only works for top level windows - otherwise, the window will still be centered on its parent.

Parameters

direction

See also

wxWindow::CentreOnParent


wxWindow::Clear

void Clear()

背景色で塗りつぶすことで、ウィンドウをクリアする。
生成された erase background イベントをおこさない。
Clears the window by filling it with the current background colour. Does not cause an erase background event to be generated.


wxWindow::ClientToScreen

virtual void ClientToScreen(int* x, int* y) const

wxPerl note: wxPerlでは、このメソッドは、引数を修正する代わりに、2つの要素のリストを返す。
wxPerl note: In wxPerl this method returns a 2-element list instead of modifying its parameters.

virtual wxPoint ClientToScreen(const wxPoint& pt) const

このウィンドウの相対座標から、スクリーン座標に変換する。
Converts to screen coordinates from coordinates relative to this window.

x

y

pt

wxPython note: オーバロードされたメソッド名の代わりに、wxPythonでは、次のメソッドを実装する。
wxPython note: In place of a single overloaded method name, wxPython implements the following methods:


wxWindow::Close

virtual bool Close(bool force = FALSE)

このメソッドの目的は、delete 演算子を使うよりも安全に、 ウィンドウを破壊する方法を提供することです。
The purpose of this call is to provide a safer way of destroying a window than using the delete operator.

Parameters

force

Remarks

Close は、ウィンドウを破壊するかどうかを決める機会を提供するウィンドウのために、 close handler を呼ぶ。

wxWindow::Destroy を使うことによって、 ウィンドウを破壊すべき場合、クローズハンドラは、 wxCloseEvent::GetForce を使って、 ウィンドウが強制的にデリートされているかどうかをチェックするべきである。

管理されたウィンドウ(wxFrame と wxDialog クラス)にのみ使用する。

メモ: Close を呼ぶことは、ウィンドウが破壊されるのを保証するわけではない。 しかし、ウィンドウを手動で閉じる操作をシミュレートする方法を提供する。 それは、ウィンドウを破壊することによって実装されるかもしれないし、そうでないかもしれない。 wxDialog::OnCloseWindow のデフォルトの実装は、ダイアログをかならずしもデリートするわけではない。 単純に、ダイアログを隠すだけの wxID_CANCEL イベントをシミュレートするからだ。

ウィンドウが破壊されるのを保証するためには、 wxWindow::Destroy を呼びなさい。

Close calls the close handler for the window, providing an opportunity for the window to choose whether to destroy the window.

The close handler should check whether the window is being deleted forcibly, using wxCloseEvent::GetForce, in which case it should destroy the window using wxWindow::Destroy.

Applies to managed windows (wxFrame and wxDialog classes) only.

Note that calling Close does not guarantee that the window will be destroyed; but it provides a way to simulate a manual close of a window, which may or may not be implemented by destroying the window. The default implementation of wxDialog::OnCloseWindow does not necessarily delete the dialog, since it will simply simulate an wxID_CANCEL event which itself only hides the dialog.

To guarantee that the window will be destroyed, call wxWindow::Destroy instead.

See also

Window deletion overview, wxWindow::Destroy, wxCloseEvent


wxWindow::ConvertDialogToPixels

wxPoint ConvertDialogToPixels(const wxPoint& pt)

wxSize ConvertDialogToPixels(const wxSize& sz)

ダイアログ単位の位置やサイズをピクセル単位に変換する。

Xの大きさは、ダイアログ単位に、文字の幅の平均を掛けて、4で割る。

Yの大きさは、ダイアログ単位に、文字の高さの平均を掛けて、8で割る。

Converts a point or size from dialog units to pixels.

For the x dimension, the dialog units are multiplied by the average character width and then divided by 4.

For the y dimension, the dialog units are multiplied by the average character height and then divided by 8.

Remarks

ダイアログ単位は、フォントが変わっても、比率を維持するために使われる。 Dialog Editor で作成されたダイアログは、任意でダイアログ単位を使う

プログラム内で、これらの関数を使うこともできる。 便利なマクロ定義:

Dialog units are used for maintaining a dialog's proportions even if the font changes. Dialogs created using Dialog Editor optionally use dialog units.

You can also use these functions programmatically. A convenience macro is defined:

#define wxDLG_UNIT(parent, pt) parent->ConvertDialogToPixels(pt)

See also

wxWindow::ConvertPixelsToDialog

wxPython note: オーバロードされたメソッド名の代わりに、wxPython は、次のメソッドを実装する

wxPython note: In place of a single overloaded method name, wxPython implements the following methods:

さらに、次のヘルパー関数が定義されている。

Additionally, the following helper functions are defined:


wxWindow::ConvertPixelsToDialog

wxPoint ConvertPixelsToDialog(const wxPoint& pt)

wxSize ConvertPixelsToDialog(const wxSize& sz)

ピクセル単位の位置やサイズを、ダイアログ単位に変換する。

Xの大きさは、ピクセル単位に、4を掛けて、文字の幅の平均で割る。

Yの大きさは、ピクセル単位に、8を掛けて、文字の高さの平均で割る。

Converts a point or size from pixels to dialog units.

For the x dimension, the pixels are multiplied by 4 and then divided by the average character width.

For the y dimension, the pixels are multiplied by 8 and then divided by the average character height.

Remarks

ダイアログ単位は、フォントが変わっても、比率を維持するために使われる。 Dialog Editor で作成されたダイアログは、任意でダイアログ単位を使う

Dialog units are used for maintaining a dialog's proportions even if the font changes. Dialogs created using Dialog Editor optionally use dialog units.

See also

wxWindow::ConvertDialogToPixels

wxPython note: オーバロードされたメソッド名の代わりに、wxPython は、次のメソッドを実装する

wxPython note: In place of a single overloaded method name, wxPython implements the following methods:


wxWindow::Destroy

virtual bool Destroy()

安全にウィンドウを破壊する。 異なるウィンドウクラスでは、異なる方法で破壊され得るので、 delete 演算子を使う代わりにこの関数を使いなさい。 フレームとダイアログは、この関数が呼ばれたときに、すぐに破壊されるわけではない。 それらは、すべてのウィンドウイベントが処理されたときに、 アイドルタイム時にデリートされるよう、ウィンドウのリストに追加される。 これは、存在しないウィンドウへイベントが送られる問題を防ぐ。

Destroys the window safely. Use this function instead of the delete operator, since different window classes can be destroyed differently. Frames and dialogs are not destroyed immediately when this function is called - they are added to a list of windows to be deleted on idle time, when all the window's events have been processed. This prevents problems with events being sent to non-existent windows.

Return value

デリートが成功するか、既にウィンドウのデリートリストに加えられていたら TRUE

TRUE if the window has either been successfully deleted, or it has been added to the list of windows pending real deletion.


wxWindow::DestroyChildren

virtual void DestroyChildren()

ウィンドウのすべての子を破壊する。 デストラクタによって、自動的に呼ばれる。
Destroys all children of a window. Called automatically by the destructor.


wxWindow::Disable

void Disable()

ウィンドウを無効にする。 Enable(FALSE) と同じ。

Disables the window, same as Enable(FALSE).

Return value

ウィンドウが、無効になれば TRUE。 この関数を呼ぶ前に、既に無効になっていれば FALSE
Returns TRUE if the window has been disabled, FALSE if it had been already disabled before the call to this function.


wxWindow::DragAcceptFiles

virtual void DragAcceptFiles(bool accept)

ドロップファイルイベント(OnDropFiles)を受け取る資格を有効、または無効にする。
Enables or disables eligibility for drop file events (OnDropFiles).

Parameters

accept

Remarks

Windowsのみ。
Windows only.


wxWindow::Enable

virtual bool Enable(bool enable = TRUE)

ウィンドウのユーザ入力を有効または無効にする。 メモ:親ウィンドウが無効になったとき、すべての子は無効になり、 親が再び有効になったときに、子も有効になる。
Enable or disable the window for user input. Note that when a parent window is disabled, all of its children are disabled as well and they are reenabled again when the parent is.

Parameters

enable

Return value

ウィンドウが有効、または無効になったら、TRUE、 何もしなければ、すなわち、既に指定した状態になっていれば、FALSE
Returns TRUE if the window has been enabled or disabled, FALSE if nothing was done, i.e. if the window had already been in the specified state.

See also

wxWindow::IsEnabled, wxWindow::Disable


wxWindow::FindFocus

static wxWindow* FindFocus()

現在キーボードフォーカスを持っているウィンドウやコントロールを見つける。
Finds the window or control which currently has the keyboard focus.

Remarks

メモ:これは静的関数なので、wxWindow のポインタがなくても呼ぶことができる。
Note that this is a static function, so it can be called without needing a wxWindow pointer.

See also

wxWindow::SetFocus


wxWindow::FindWindow

wxWindow* FindWindow(long id)

IDによって、このウィンドウの子を見つける。
Find a child of this window, by identifier.

wxWindow* FindWindow(const wxString& name)

名前によって、このウィンドウの子を見つける。
Find a child of this window, by name.

wxPython note: オーバロードされたメソッド名の代わりに、wxPython は、次のメソッドを実装する

wxPython note: In place of a single overloaded method name, wxPython implements the following methods:


wxWindow::FindWindowById

static wxWindow* FindWindowById(long id, wxWindow* parent = NULL)

与えられた id で最初のウィンドウを見つける。

parent が NULL なら、すべてのトップレベルフレームと、 ダイアログボックスから検索を始める。 NULL でなければ、検索は与えられたウィンドウの階層に制限されるだろう。

Find the first window with the given id.

If parent is NULL, the search will start from all top-level frames and dialog boxes; if non-NULL, the search will be limited to the given window hierarchy. The search is recursive in both cases.

See also

FindWindow


wxWindow::FindWindowByName

static wxWindow* FindWindowByName(const wxString& name, wxWindow* parent = NULL)

コンストラクタか、Create 関数によって与えられた名前でウィンドウを見つける。 parent が NULL なら、すべてのトップレベルフレームと、 ダイアログボックスから検索を始める。 NULL でなければ、検索は与えられたウィンドウの階層に制限されるだろう。

そのような名前のウィンドウが見つからなければ、 FindWindowByLabel が呼ばれる。

Find a window by its name (as given in a window constructor or Create function call). If parent is NULL, the search will start from all top-level frames and dialog boxes; if non-NULL, the search will be limited to the given window hierarchy. The search is recursive in both cases.

If no window with such name is found, FindWindowByLabel is called.

See also

FindWindow


wxWindow::FindWindowByLabel

static wxWindow* FindWindowByLabel(const wxString& label, wxWindow* parent = NULL)

ラベルによって、ウィンドウを見つける。 ウィンドウのタイプから独立して、ラベルは、ウィンドウのタイトルになるか、 パネルアイテムのラベルになるだろう。 parent が NULL なら、すべてのトップレベルフレームと、 ダイアログボックスから検索を始める。 NULL でなければ、検索は与えられたウィンドウの階層に制限されるだろう。 検索は両方のケースにおいて、再帰的に行われる。

Find a window by its label. Depending on the type of window, the label may be a window title or panel item label. If parent is NULL, the search will start from all top-level frames and dialog boxes; if non-NULL, the search will be limited to the given window hierarchy. The search is recursive in both cases.

See also

FindWindow


wxWindow::Fit

virtual void Fit()

サブウィンドウの周りにフィットするようにサイズを変える。 この関数は、サブウィンドウがない場合は何もしないだろう。
This function won't do anything if there are no subwindows.


wxWindow::FitInside

virtual void FitInside()

Fit と似ているが、 この関数はウィンドウの内側(仮想の)サイズに大きさを合わせる。 主として、サイズイベントをトリガーしないサイズ変更や、 内側にサイザーのないウィンドウをスクロールした後に、 スクロールされたウィンドウで、スクロールバーをリセットするのに役に立つ。 サブウィンドウがないなら、この関数は何もしないのと同じである。
Similar to Fit, but sizes the interior (virtual) size of a window. Mainly useful with scrolled windows to reset scrollbars after sizing changes that do not trigger a size event, and/or scrolled windows without an interior sizer. This function similarly won't do anything if there are no subwindows.


wxWindow::Freeze

virtual void Freeze()

ウィンドウをフリーズさせる。言い換えれば、スクリーン上で起こる全ての更新を妨げ、 ウィンドウは全く描き直されない。 ウィンドウの再描画を再び有効にするには、 Thaw が呼ばれなければならない。

このメソッドは、ビジュアルな概観の最適化に役立つ。 (例えば、wxGTK下で、wxTextCtrl に大量のテキストを挿入する前に、これを使うのはよいアイディアだ) しかし、全てのプラットフォームやコントロールで実装されているわけではないので、 たいていは、wxWidgets へのヒントであり、強制的な命令ではない。

Freezes the window or, in other words, prevents any updates from taking place on screen, the window is not redrawn at all. Thaw must be called to reenable window redrawing.

This method is useful for visual appearance optimization (for example, it is a good idea to use it before inserting large amount of text into a wxTextCtrl under wxGTK) but is not implemented on all platforms nor for all controls so it is mostly just a hint to wxWidgets and not a mandatory directive.


wxWindow::GetAdjustedBestSize

wxSize GetAdjustedBestSize() const

このメソッドは、1つだけ除いて GetBestSize と似ている。 GetBestSize は、ウィンドウのサイズを切り詰めない、最小サイズを返すべきである。 一方、このメソッドは、BestSize でユーザが指定した最小サイズの、最も大きいものを返す。 すなわち、それは大目に見ることのできる最小サイズではなく、 そのウィンドウが、現在引かれるべき最小サイズである。
This method is similar to GetBestSize, except in one thing. GetBestSize should return the minimum untruncated size of the window, while this method will return the largest of BestSize and any user specified minimum size. ie. it is the minimum size the window should currently be drawn at, not the minimal size it can possibly tolerate.


wxWindow::GetBackgroundColour

virtual wxColour GetBackgroundColour() const

ウィンドウの背景色を返す。
Returns the background colour of the window.

See also

wxWindow::SetBackgroundColour, wxWindow::SetForegroundColour, wxWindow::GetForegroundColour


wxWindow::GetBestSize

virtual wxSize GetBestSize() const

この関数は、ウィンドウの最も良く受け入れられる最小サイズを返す。 例えば、static control で、コントロールのラベルが、切り詰められないのが最小サイズとなる。 サブウィンドウを含むウィンドウ(典型的なものが wxPanel)で、 この関数が返すサイズは、Fit を呼んだ後に、 ウィンドウが持つサイズと同じになる。
This functions returns the best acceptable minimal size for the window. For example, for a static control, it will be the minimal size such that the control label is not truncated. For windows containing subwindows (typically wxPanel), the size returned by this function will be the same as the size the window would have had after calling Fit.


wxWindow::GetCaret

wxCaret * GetCaret() const

ウィンドウに結び付けられた caret を返す。
Returns the caret associated with the window.


wxWindow::GetCapture

static wxWindow * GetCapture()

現在のキャプチャされているウィンドウを返す。
Returns the currently captured window.

See also

wxWindow::HasCapture, wxWindow::CaptureMouse, wxWindow::ReleaseMouse, wxMouseCaptureChangedEvent


wxWindow::GetCharHeight

virtual int GetCharHeight() const

このウィンドウの文字の高さを返す。
Returns the character height for this window.


wxWindow::GetCharWidth

virtual int GetCharWidth() const

このウィンドウの文字幅の平均を返す。
Returns the average character width for this window.


wxWindow::GetChildren

wxList& GetChildren()

ウィンドウのこのリストへの参照を返す。
Returns a reference to the list of the window's children.


wxWindow::GetClientSize

virtual void GetClientSize(int* width, int* height) const

wxPerl note: wxPerl では、このメソッドは引数がなく、 2つの要素を持つリスト( width, height )を返す。
wxPerl note: In wxPerl this method takes no parameter and returns a 2-element list ( width, height ).

virtual wxSize GetClientSize() const

ピクセル単位で、ウィンドウの「クライアント領域」のサイズを得る。 クライアント領域は、タイトルバー、ボーダー、スクロールバーなどをのぞいた、 プログラマによって描画される領域である。
This gets the size of the window 'client area' in pixels. The client area is the area which may be drawn on by the programmer, excluding title bar, border, scrollbars, etc.

Parameters

width

height

wxPython note: オーバロードされたメソッド名の代わりに、wxPythonでは、次のメソッドを実装する。
wxPython note: In place of a single overloaded method name, wxPython implements the following methods:

See also

GetSize GetVirtualSize


wxWindow::GetConstraints

wxLayoutConstraints* GetConstraints() const

ウィンドウの layout constraints へのポインタを返す。 なければ、NULL。
Returns a pointer to the window's layout constraints, or NULL if there are none.


wxWindow::GetContainingSizer

const wxSizer * GetContainingSizer() const

もしあれば、このウィンドウがメンバーである sizer を返す。 そうでなければ、NULL
Return the sizer that this window is a member of, if any, otherwise NULL.


wxWindow::GetDropTarget

wxDropTarget* GetDropTarget() const

結び付けられているドロップターゲットを返す。NULL かもしれない。
Returns the associated drop target, which may be NULL.

See also

wxWindow::SetDropTarget, Drag and drop overview


wxWindow::GetEventHandler

wxEvtHandler* GetEventHandler() const

このウィンドウのイベントハンドラを返す。 デフォルトでは、そのウィンドウが、それ自身のイベントハンドラである。
Returns the event handler for this window. By default, the window is its own event handler.

See also

wxWindow::SetEventHandler, wxWindow::PushEventHandler, wxWindow::PopEventHandler, wxEvtHandler::ProcessEvent, wxEvtHandler


wxWindow::GetExtraStyle

long GetExtraStyle() const

ウィンドウの拡張スタイルを返す。
Returns the extra style bits for the window.


wxWindow::GetFont

wxFont& GetFont() const

このウィンドウのフォントへの参照を返す。
Returns a reference to the font for this window.

See also

wxWindow::SetFont


wxWindow::GetForegroundColour

virtual wxColour GetForegroundColour()

ウィンドウの前景色を返す。
Returns the foreground colour of the window.

Remarks

前景色の解釈は、ウィンドウクラスによって解釈される。 テキストの色や、その他の色になっても良いし、全く使われなくても良い。
The interpretation of foreground colour is open to interpretation according to the window class; it may be the text colour or other colour, or it may not be used at all.

See also

wxWindow::SetForegroundColour, wxWindow::SetBackgroundColour, wxWindow::GetBackgroundColour


wxWindow::GetGrandParent

wxWindow* GetGrandParent() const

このウィンドウの grandparent を返す。 なければ、NULL。
Returns the grandparent of a window, or NULL if there isn't one.


wxWindow::GetHandle

void* GetHandle() const

物理的なウィンドウの、プラットフォーム依存なハンドルを返す。 Windows では HWND、Motif では Widget、GTK では GtkWidget のように、 適切なハンドルにキャストしてくれ。
Returns the platform-specific handle of the physical window. Cast it to an appropriate handle, such as HWND for Windows, Widget for Motif or GtkWidget for GTK.

wxPython note: wxPython では、このメソッドは、整数値を返す。
wxPython note: This method will return an integer in wxPython.

wxPerl note: wxPerl では、このメソッドは、整数値を返す。
wxPerl note: This method will return an integer in wxPerl.


wxWindow::GetHelpText

virtual wxString GetHelpText() const

このウィンドウで、context-sensitiveヘルプとして使われるテキストを得る。

メモ:現在の wxHelpProvider の実装によって、 実際にテキストがストアされるので、ウィンドウオブジェクト自身の中ではない。

Gets the help text to be used as context-sensitive help for this window.

Note that the text is actually stored by the current wxHelpProvider implementation, and not in the window object itself.

See also

SetHelpText, wxHelpProvider


wxWindow::GetId

int GetId() const

ウィンドウのIDを返す。
Returns the identifier of the window.

Remarks

いずれのウィンドウも、整数のIDを持つ。 アプリケーションがIDを与えられていなければ(もしくはデフォルトのIDである -1 )なら、 負の値を持つ、唯一のIDが生成されるだろう。
Each window has an integer identifier. If the application has not provided one (or the default Id -1) an unique identifier with a negative value will be generated.

See also

wxWindow::SetId, Window identifiers


wxWindow::GetLabel

virtual wxString GetLabel() const

同一のものだと証明するための、ウィンドウからラベルを得る一般的な方法。
Generic way of getting a label from any window, for identification purposes.

Remarks

この関数の解釈は、クラスによって違う。 フレームとダイアログでは、返される値は、タイトルである。 ボタンや、static text controls では、ボタンテキストである。 この関数は、名前によって、ウィンドウを識別する必要のある meta-programs(ツールのテストや、特別なアクセスを必要とするプログラム)で 便利である。
The interpretation of this function differs from class to class. For frames and dialogs, the value returned is the title. For buttons or static text controls, it is the button text. This function can be useful for meta-programs (such as testing tools or special-needs access programs) which need to identify windows by name.


wxWindow::GetName

virtual wxString GetName() const

ウィンドウの名前を返す。
Returns the window's name.

Remarks

この名前は唯一であることを保証するものではない。 ウィンドウのコンストラクタで、もしくはwxWindow::SetName によって適切な名前を与えることは、プログラマ次第である。
This name is not guaranteed to be unique; it is up to the programmer to supply an appropriate name in the window constructor or via wxWindow::SetName.

See also

wxWindow::SetName


wxWindow::GetParent

virtual wxWindow* GetParent() const

ウィンドウの親を返す。 親がないなら、NULL。
Returns the parent of the window, or NULL if there is no parent.


wxWindow::GetPosition

virtual void GetPosition(int* x, int* y) const

wxPoint GetPosition() const

ピクセル単位で、ウィンドウの位置を得る。 子ウィンドウは、親ウィンドウからの相対位置で、 トップレベルウィンドウは、ディスプレイの始まりの位置からである。
This gets the position of the window in pixels, relative to the parent window for the child windows or relative to the display origin for the top level windows.

Parameters

x

y

wxPython note: オーバロードされたメソッド名の代わりに、wxPythonでは、次のメソッドを実装する。
wxPython note: In place of a single overloaded method name, wxPython implements the following methods:

wxPerl note: wxPerl では、オーバロードされたメソッドの代わりに、 2つのメソッドが存在する。
wxPerl note: In wxPerl there are two methods instead of a single overloaded method:


wxWindow::GetRect

virtual wxRect GetRect() const

ウィンドウのサイズと位置を wxRect オブジェクトとして返す。
Returns the size and position of the window as a wxRect object.


wxWindow::GetScrollThumb

virtual int GetScrollThumb(int orientation)

内蔵スクロールバーの、 thumb のサイズを返す。
Returns the built-in scrollbar thumb size.

See also

wxWindow::SetScrollbar


wxWindow::GetScrollPos

virtual int GetScrollPos(int orientation)

内蔵スクロールバーの、 位置を返す。
Returns the built-in scrollbar position.

See also

See wxWindow::SetScrollbar


wxWindow::GetScrollRange

virtual int GetScrollRange(int orientation)

内蔵スクロールバーの、 範囲を返す。
Returns the built-in scrollbar range.

See also

wxWindow::SetScrollbar


wxWindow::GetSize

virtual void GetSize(int* width, int* height) const

virtual wxSize GetSize() const

これは、ピクセル単位で、タイトルバー、ボーダー、スクロールバ−などを 含む完全なウィンドウのサイズを得る。
This gets the size of the entire window in pixels, including title bar, border, scrollbars, etc.

Parameters

width

height

wxPython note: オーバロードされたメソッド名の代わりに、wxPythonでは、次のメソッドを実装する。
wxPython note: In place of a single overloaded method name, wxPython implements the following methods:

wxPerl note: オーバロードされたメソッドの代わりに、wxPerlでは、2つのメソッドを実装する。
wxPerl note: In wxPerl there are two methods instead of a single overloaded method:

See also

GetClientSize, GetVirtualSize


wxWindow::GetSizer

wxSizer * GetSizer() const

以前の SetSizer() への呼び出しか、NULL によって、ウィンドウに結び付けられたsizerを返す。
Return the sizer associated with the window by a previous call to SetSizer() or NULL.


wxWindow::GetTextExtent

virtual void GetTextExtent(const wxString& string, int* x, int* y, int* descent = NULL, int* externalLeading = NULL, const wxFont* font = NULL, bool use16 = FALSE) const

現在選択されているフォントを使って、ウィンドウに描画されたものとして、 文字列の大きさを得る。
Gets the dimensions of the string as it would be drawn on the window with the currently selected font.

Parameters

string

x

y

descent

externalLeading

font

use16

wxPython note: オーバロードされたメソッド名の代わりに、wxPythonでは、次のメソッドを実装する。
wxPython note: In place of a single overloaded method name, wxPython implements the following methods:

wxPerl note: wxPerl では、このメソッドは、string とオプションの font 引数だけをとり、 4つの要素を持つリスト( x, y, descent, externalLeading )を返す。
wxPerl note: In wxPerl this method takes only the string and optionally font parameters, and returns a 4-element list ( x, y, descent, externalLeading ).


wxWindow::GetTitle

virtual wxString GetTitle()

ウィンドウのタイトルを得る。 フレームとダイアログだけに適用できる。
Gets the window's title. Applicable only to frames and dialogs.

See also

wxWindow::SetTitle


wxWindow::GetUpdateRegion

virtual wxRegion GetUpdateRegion() const

ウィンドウの被害を受けた部分の領域を返す。 wxPaintEvent ハンドラ内でのみ呼ばれるべきである。
Returns the region specifying which parts of the window have been damaged. Should only be called within an wxPaintEvent handler.

See also

wxRegion, wxRegionIterator


wxWindow::GetValidator

wxValidator* GetValidator() const

ウィンドウの現在のバリデータへのポインタを返す。 なければ、NULL。
Returns a pointer to the current validator for the window, or NULL if there is none.


wxWindow::GetVirtualSize

void GetVirtualSize(int* width, int* height) const

wxSize GetVirtualSize() const

ピクセル単位で、ウィンドウの仮想サイズを得る。
This gets the virtual size of the window in pixels.

Parameters

width

height

GetSize, GetClientSize


wxWindow::GetWindowStyleFlag

long GetWindowStyleFlag() const

コンストラクタか、Create メソッドによって、指定されたスタイルを得る。 GetWindowStyle() は、同じ機能の別名である。
Gets the window style that was passed to the constructor or Create method. GetWindowStyle() is another name for the same function.


wxWindow::HasCapture

virtual bool HasCapture() const

このウィンドウが現在のマウスキャプチャを持っていれば TRUE
Returns TRUE if this window has the current mouse capture.

See also

wxWindow::CaptureMouse, wxWindow::ReleaseMouse, wxMouseCaptureChangedEvent


wxWindow::Hide

bool Hide()

Show(FALSE) を呼ぶことに等しい。
Equivalent to calling Show(FALSE).


wxWindow::InitDialog

void InitDialog()

wxEVT_INIT_DIALOG イベントを送る。 そのハンドラはたいてい、バリデータを通してダイアログにデータを送る。
Sends an wxEVT_INIT_DIALOG event, whose handler usually transfers data to the dialog via validators.


wxWindow::IsEnabled

virtual bool IsEnabled() const

ウィンドウの入力が有効なら TRUE、 そうでなければ FALSE を返す。
Returns TRUE if the window is enabled for input, FALSE otherwise.

See also

wxWindow::Enable


wxWindow:IsExposed

bool IsExposed(int x, int y) const

bool IsExposed(wxPoint &pt) const

bool IsExposed(int x, int y, int w, int h) const

bool IsExposed(wxRect &rect) const

与えられた位置か、矩形領域が、最後の再描画以来ずっと表示されているなら、TRUE を返す。 表示されている領域だけを再描画することで、 再描画を最適化するために、ペイントイベントハンドラでこれを呼びなさい。
Returns TRUE if the given point or rectangle area has been exposed since the last repaint. Call this in an paint event handler to optimize redrawing by only redrawing those areas, which have been exposed.

wxPython note: オーバロードされたメソッド名の代わり、wxPythonでは、次のメソッドを実装する。
wxPython note: In place of a single overloaded method name, wxPython implements the following methods:


wxWindow::IsRetained

virtual bool IsRetained() const

ウィンドウが保持されているなら TRUE、 そうでなければ FALSE を返す。
Returns TRUE if the window is retained, FALSE otherwise.

Remarks

保持されたウィンドウは X プラットフォームでのみ利用できる。
Retained windows are only available on X platforms.


wxWindow::IsShown

virtual bool IsShown() const

ウィンドウが表示されたなら TRUE を、 隠されているなら FALSE を返す。
Returns TRUE if the window is shown, FALSE if it has been hidden.


wxWindow::IsTopLevel

bool IsTopLevel() const

トップレベルウィンドウなら、TRUE を返す。 現在は、すべてのフレームとダイアログがトップレベルウィンドウであるかを判断される。 (たとえ、親ウィンドウを持っていたとしても)
Returns TRUE if the given window is a top-level one. Currently all frames and dialogs are considered to be top-level windows (even if they have a parent window).


wxWindow::Layout

void Layout()

このウィンドウのconstraintかsizerベースのレイアウトアルゴリズムを呼び出す。

wxWindow::SetAutoLayout を見てくれ: オートレイアウトが設定されている場合、この関数はウィンドウがリサイズされたときに、 自動的に呼ばれる。

Invokes the constraint-based layout algorithm or the sizer-based algorithm for this window.

See wxWindow::SetAutoLayout: when auto layout is on, this function gets called automatically when the window is resized.


wxWindow::LoadFromResource

virtual bool LoadFromResource(wxWindow* parent, const wxString& resourceName, const wxResourceTable* resourceTable = NULL)

リソースファイルからパネルやダイアログをロードする。
Loads a panel or dialog from a resource file.

Parameters

parent

resourceName

resourceTable

Return value

成功すれば、TRUE。そうでなければ、FALSE
TRUE if the operation succeeded, otherwise FALSE.


wxWindow::Lower

void Lower()

管理されたウィンドウ(ダイアログかフレーム)なら、ウィンドウ階層の底に下げる。
Lowers the window to the bottom of the window hierarchy if it is a managed window (dialog or frame).


wxWindow::MakeModal

virtual void MakeModal(bool flag)

ユーザの操作がこのウィンドウにだけ影響するように、 アプリケーション内にある、他のすべてのウィンドウを無効にする。 (この関数は、どこでも実装されているわけではない)
Disables all other windows in the application so that the user can only interact with this window. (This function is not implemented anywhere).

Parameters

flag


wxWindow::Move

void Move(int x, int y)

void Move(const wxPoint& pt)

与えられた位置へ、ウィンドウを移動する。
Moves the window to the given position.

Parameters

x

y

pt

Remarks

SetSize の実装は、暗黙的に wxWindow::Move 関数を実装することもできる。 ベースの wxWindow クラスでは、次のように定義されている。
Implementations of SetSize can also implicitly implement the wxWindow::Move function, which is defined in the base wxWindow class as the call:

  SetSize(x, y, -1, -1, wxSIZE_USE_EXISTING);
See also

wxWindow::SetSize

wxPython note: オーバロードされたメソッド名の代わりに、wxPythonでは、次のメソッドを実装する。
wxPython note: In place of a single overloaded method name, wxPython implements the following methods:


wxWindow::PopEventHandler

wxEvtHandler* PopEventHandler(bool deleteHandler = FALSE) const

イベントハンドラスタックの最上段のものを、取り除き、リターンする。
Removes and returns the top-most event handler on the event handler stack.

Parameters

deleteHandler

See also

wxWindow::SetEventHandler, wxWindow::GetEventHandler, wxWindow::PushEventHandler, wxEvtHandler::ProcessEvent, wxEvtHandler


wxWindow::PopupMenu

bool PopupMenu(wxMenu* menu, const wxPoint& pos)

bool PopupMenu(wxMenu* menu, int x, int y)

与えられたメニューを、このウィンドウの相対位置で指定された座標にポップアップし、 ユーザがメニューを退去させたときに、制御を戻す。 メニュー項目が選ばれたら、一致するメニューイベントが生成され、 通常と同じように処理される。
Pops up the given menu at the specified coordinates, relative to this window, and returns control when the user has dismissed the menu. If a menu item is selected, the corresponding menu event is generated and will be processed as usually.

Parameters

menu

pos

x

y

See also

wxMenu

Remarks

メニューがポップアップされる直前に、 メニューアイテムが正確な状態であることを保証するために、 wxMenu::UpdateUI が呼ばれる。 メニューはウィンドウによって、デリートされない。
Just before the menu is popped up, wxMenu::UpdateUI is called to ensure that the menu items are in the correct state. The menu does not get deleted by the window.

wxPython note: オーバロードされたメソッド名の代わりに、wxPythonでは、次のメソッドを実装する。
wxPython note: In place of a single overloaded method name, wxPython implements the following methods:


wxWindow::PushEventHandler

void PushEventHandler(wxEvtHandler* handler)

このイベントハンドラをウィンドウのイベントスタックにプッシュする。
Pushes this event handler onto the event stack for the window.

Parameters

handler

Remarks

イベントハンドラは、ウィンドウに送られたイベントを処理できるオブジェクトである。 デフォルトでは、そのウィンドウが、それ自身のイベントハンドラであるが、 アプリケーションは他のものに置き換えてもよい。 例えば、違う種類のウィンドウクラスでも、イベントハンドラの実装を許すためなどである。

wxWindow::PushEventHandler は、 あるイベントハンドラが鎖の中で、次のイベントハンドラに送らなかったことで、 イベントがハンドルされない場所で、 アプリケーションがイベントハンドラの鎖をセットアップすることを許す。

An event handler is an object that is capable of processing the events sent to a window. By default, the window is its own event handler, but an application may wish to substitute another, for example to allow central implementation of event-handling for a variety of different window classes.

wxWindow::PushEventHandler allows an application to set up a chain of event handlers, where an event not handled by one event handler is handed to the next one in the chain. Use wxWindow::PopEventHandler to remove the event handler.

See also

wxWindow::SetEventHandler, wxWindow::GetEventHandler, wxWindow::PopEventHandler, wxEvtHandler::ProcessEvent, wxEvtHandler


wxWindow::Raise

void Raise()

管理されたウィンドウ(dialog または frame)なら、ウィンドウ階層のトップへ上げる。
Raises the window to the top of the window hierarchy if it is a managed window (dialog or frame).


wxWindow::Refresh

virtual void Refresh(bool eraseBackground = TRUE, const wxRect* rect = NULL)

ウィンドウを再描画するために、メッセージや生成すべきイベントを引き起こす。
Causes a message or event to be generated to repaint the window.

Parameters

eraseBackground

rect

See also

wxWindow::RefreshRect


wxWindow::RefreshRect

virtual void Refresh(const wxRect& rect)

与えられた矩形領域の内容を再描画する。(その内部の領域が再描画される)

これは、よりよい構文を持っている以外は、 Refresh と同じである。

Redraws the contents of the given rectangle: the area inside it will be repainted.

This is the same as Refresh but has a nicer syntax.


wxWindow::ReleaseMouse

virtual void ReleaseMouse()

wxWindow::CaptureMouse によってキャプチャされたマウス入力を放す
Releases mouse input captured with wxWindow::CaptureMouse.

See also

wxWindow::CaptureMouse, wxWindow::HasCapture, wxWindow::ReleaseMouse, wxMouseCaptureChangedEvent


wxWindow::RemoveChild

virtual void RemoveChild(wxWindow* child)

子ウィンドウを取り除く。 これはウィンドウのデリート関数によって自動的に呼ばれるので、 アプリケーションプログラマが命令すべきではない。
Removes a child window. This is called automatically by window deletion functions so should not be required by the application programmer.

Parameters

child


wxWindow::RemoveEventHandler

bool RemoveEventHandler(wxEvtHandler *handler)

ウィンドウのイベントハンドラの鎖で、与えられた handler を見つけ、 取り除く(デリートするわけではない)
Find the given handler in the windows event handler chain and remove (but not delete) it from it.

Parameters

handler

Return value

見つかれば TRUE を返す。 そうでなければ FALSE 。 (これはまた、失敗に終わったことをあらわす。だからこの関数は、 そこで、ハンドラがサポートされている場合にのみ呼ばれるべきである。)
Returns TRUE if it was found and FALSE otherwise (this also results in an assert failure so this function should only be called when the handler is supposed to be there).

See also

PushEventHandler, PopEventHandler


wxWindow::Reparent

virtual bool Reparent(wxWindow* newParent)

ウィンドウの親を入れ替える。 すなわち、ウィンドウは現在の親ウィンドウ(例えば、wxFrame にある 非標準のツールバー) から取り除かれ、そしてそれから他の中に挿入され直す。 Windows と GTK で利用できる。
Reparents the window, i.e the window will be removed from its current parent window (e.g. a non-standard toolbar in a wxFrame) and then re-inserted into another. Available on Windows and GTK.

Parameters

newParent


wxWindow::ScreenToClient

virtual void ScreenToClient(int* x, int* y) const

virtual wxPoint ScreenToClient(const wxPoint& pt) const

スクリーンから、クライアントウィンドウの座標に変換する
Converts from screen to client window coordinates.

Parameters

x

y

pt

wxPython note: オーバロードされたメソッド名の代わりに、wxPythonでは、次のメソッドを実装する。
wxPython note: In place of a single overloaded method name, wxPython implements the following methods:


wxWindow::ScrollLines

virtual bool ScrollLines(int lines)

与えられた行数だけ、ウィンドウを下(lines が正なら)か上にスクロールする。
Scrolls the window by the given number of lines down (if lines is positive) or up.

Return value

ウィンドウがスクロールされたら、TRUE。 既に top か bottom にあって、何もされなければ FALSE
Returns TRUE if the window was scrolled, FALSE if it was already on top/bottom and nothing was done.

Remarks

この関数は現在、MSW と、wxGTK下の wxTextCtrl でのみ実装されている。 (すべてのプラットフォーム下の wxScrolledWindow から派生するクラスでも働く)
This function is currently only implemented under MSW and wxTextCtrl under wxGTK (it also works for wxScrolledWindow derived classes under all platforms).

See also

ScrollPages


wxWindow::ScrollPages

virtual bool ScrollPages(int pages)

与えられたページ数だけ、ウィンドウを下(pages が正なら)か上にスクロールする。
Scrolls the window by the given number of pages down (if pages is positive) or up.

ウィンドウがスクロールされたら、TRUE。 既に top か bottom にあって、何もされなければ FALSE
Return value

Returns TRUE if the window was scrolled, FALSE if it was already on top/bottom and nothing was done.

Remarks

この関数は現在、MSW と、wxGTK下の wxTextCtrl でのみ実装されている。 (すべてのプラットフォーム下の wxScrolledWindow から派生するクラスでも働く)
This function is currently only implemented under MSW and wxTextCtrl under wxGTK (it also works for wxScrolledWindow derived classes under all platforms).

See also

ScrollLines


wxWindow::ScrollWindow

virtual void ScrollWindow(int dx, int dy, const wxRect* rect = NULL)

このウィンドウで物理的なピクセル単位でスクロールする。すなわち子ウィンドウを動かす。
Physically scrolls the pixels in the window and move child windows accordingly.

Parameters

dx

dy

rect

Remarks

あなたのスクロールの実装を、最小の領域が再描画されることで、最適化するために、この関数を使いなさい。 メモ:まれに、ユーザプログラムからこの関数を呼ぶことが必要である。
Use this function to optimise your scrolling implementations, to minimise the area that must be redrawn. Note that it is rarely required to call this function from a user program.


wxWindow::SetAcceleratorTable

virtual void SetAcceleratorTable(const wxAcceleratorTable& accel)

このウィンドウに、accelerator table を設定する。 wxAcceleratorTable を見てくれ。
Sets the accelerator table for this window. See wxAcceleratorTable.


wxWindow::SetAutoLayout

void SetAutoLayout(bool autoLayout)

ウィンドウがリサイズされたときに、自動的に wxWindow::Layout 関数を呼び出すかどうかを決める。 それは、wxWindow::SetSizer によって 暗黙的に呼ばれるが、wxWindow::SetConstraints を使うなら、手動で呼ぶべきだ。そうでなければ、サイズが変更されたときに、 ウィンドウレイアウトは正しく更新されないだろう。

Determines whether the wxWindow::Layout function will be called automatically when the window is resized. It is called implicitly by wxWindow::SetSizer but if you use wxWindow::SetConstraints you should call it manually or otherwise the window layout won't be correctly updated when its size changes.

Parameters

autoLayout

See also

wxWindow::SetConstraints


wxWindow::SetBackgroundColour

virtual void SetBackgroundColour(const wxColour& colour)

ウィンドウの背景色を設定する。
Sets the background colour of the window.

Parameters

colour

Remarks

背景色は普通、Windouws では、デフォルトの wxEraseEvent イベントハンドラ関数によって、GTK では自動的に、描かれる。

背景色の設定は、すぐにリフレッシュしないので、この関数を呼んだ後に、 wxWindow::ClearwxWindow::Refresh を呼んだほうがよいことに注意。

ウィンドウは、"Themes"(すなわち、その見栄えを、ユーザが望むランタイムロード可能モジュールで変える、GTKの能力) が使われるとき、ウィンドウの新しい概観が同じに見えないだろうから、 GTKでは、この関数を使いなさい。

The background colour is usually painted by the default wxEraseEvent event handler function under Windows and automatically under GTK.

Note that setting the background colour does not cause an immediate refresh, so you may wish to call wxWindow::Clear or wxWindow::Refresh after calling this function.

Use this function with care under GTK as the new appearance of the window might not look equally well when used with "Themes", i.e GTK's ability to change its look as the user wishes with run-time loadable modules.

See also

wxWindow::GetBackgroundColour, wxWindow::SetForegroundColour, wxWindow::GetForegroundColour, wxWindow::Clear, wxWindow::Refresh, wxEraseEvent


wxWindow::SetCaret

void SetCaret(wxCaret *caret) const

ウィンドウと関連付けられたcaretを設定する。

Sets the caret associated with the window.


wxWindow::SetClientSize

virtual void SetClientSize(int width, int height)

virtual void SetClientSize(const wxSize& size)

ピクセル単位で、ウィンドウのクライアント領域のサイズを設定する。 この関数を使うことで、ウィンドウのサイズを設定することは、 wxWindow::SetSize をより、 デバイスに依存しない傾向にある。 例えば、パネルアイテムの周りにウィンドウを合わせようとするとき、 ボーダーやタイトルバーが、どれくらいの幅なのかを、 アプリケーションは気にしなくてよいからだ。
This sets the size of the window client area in pixels. Using this function to size a window tends to be more device-independent than wxWindow::SetSize, since the application need not worry about what dimensions the border or title bar have when trying to fit the window around panel items, for example.

Parameters

width

height

size

wxPython note: オーバロードされたメソッド名の代わりに、wxPythonでは、次のメソッドを実装する。
wxPython note: In place of a single overloaded method name, wxPython implements the following methods:


wxWindow::SetContainingSizer

void SetContainingSizer(wxSizer* sizer)

これは、通常ユーザコードによって呼ぶ必要はない。 ウィンドウがsizerに追加され、使われたときに呼ばるので、 ウィンドウが破壊されるときに、sizerから自分自身を取り除くことができる。
This normally does not need to be called by user code. It is called when a window is added to a sizer, and is used so the window can remove itself from the sizer when it is destroyed.


wxWindow::SetCursor

virtual void SetCursor(const wxCursor&cursor)

ウィンドウカーソルを設定する。 暗黙的に、ウィンドウの子にもカーソルを設定することに注意。

ウィンドウカーソルがデフォルトに戻される場合、 cursorwxNullCursor でもよい。

Sets the window's cursor. Notice that the window cursor also sets it for the children of the window implicitly.

The cursor may be wxNullCursor in which case the window cursor will be reset back to default.

Parameters

cursor

See also

::wxSetCursor, wxCursor


wxWindow::SetConstraints

void SetConstraints(wxLayoutConstraints* constraints)

ウィンドウが、与えられた layout constraints を持つように設定する。 ウィンドウは、そのときにオブジェクトを所有しており、そのデリートを処理するだろう。 現状の layout constraints オブジェクトが、ウィンドウによって既に所有されている場合、 それは、削除されるだろう。
Sets the window to have the given layout constraints. The window will then own the object, and will take care of its deletion. If an existing layout constraints object is already owned by the window, it will be deleted.

Parameters

constraints

Remarks

OnSize で、自動的にconstraintsを使うことをウィンドウに知らせるために、 wxWindow::SetAutoLayout を呼ばなければならない。 そうでなければ、OnSize をオーバライドして、明示的に Layout() を呼ばなければならない。 wxLayoutConstraints と wxSizer の両方を設定する場合、 sizerだけが効果がある。
You must call wxWindow::SetAutoLayout to tell a window to use the constraints automatically in OnSize; otherwise, you must override OnSize and call Layout() explicitly. When setting both a wxLayoutConstraints and a wxSizer, only the sizer will have effect.


wxWindow::SetDropTarget

void SetDropTarget(wxDropTarget* target)

このウィンドウにドロップターゲットを結びつける。

ウィンドウが、既にドロップターゲットを持っていれば、それはデリートされる。

Associates a drop target with this window.

If the window already has a drop target, it is deleted.

See also

wxWindow::GetDropTarget, Drag and drop overview


wxWindow::SetEventHandler

void SetEventHandler(wxEvtHandler* handler)

このウィンドウにイベントハンドラを設定する。
Sets the event handler for this window.

Parameters

handler

Remarks

イベントハンドラは、ウィンドウに送られたイベントを処理できるオブジェクトである。 デフォルトでは、そのウィンドウが、それ自身のイベントハンドラであるが、 アプリケーションは他のものに置き換えてもよい。 例えば、違う種類のウィンドウクラスでも、イベントハンドラの実装を許すためなどである。

通常は、wxWindow::PushEventHandler を使う方が良い。 あるイベントハンドラが鎖の中で、次のイベントハンドラに送らなかったことで、 イベントがハンドルされない場所で、これがイベントハンドラの鎖を設定するからだ。

An event handler is an object that is capable of processing the events sent to a window. By default, the window is its own event handler, but an application may wish to substitute another, for example to allow central implementation of event-handling for a variety of different window classes.

It is usually better to use wxWindow::PushEventHandler since this sets up a chain of event handlers, where an event not handled by one event handler is handed to the next one in the chain.

See also

wxWindow::GetEventHandler, wxWindow::PushEventHandler, wxWindow::PopEventHandler, wxEvtHandler::ProcessEvent, wxEvtHandler


wxWindow::SetExtraStyle

void SetExtraStyle(long exStyle)

ウィンドウに extra style bits を設定する。 現在定義されている extra style bits は:
Sets the extra style bits for the window. The currently defined extra style bits are:

wxWS_EX_VALIDATE_RECURSIVELY
このスタイルのフラグをセットするなら、 TransferDataTo/FromWindow() と Validate() メソッドは、再帰的に ウィンドウのすべての子に降りかかるだろう。
TransferDataTo/FromWindow() and Validate() methods will recursively descend into all children of the window if it has this style flag set.
wxWS_EX_BLOCK_EVENTS
通常は、コマンドイベントは、それらのためのハンドラが見つかるまで、 親ウィンドウへ上向きで再帰的に伝えられる。 このスタイルは、このウィンドウを越えて伝達されるのを防ぐ。 event processing overview で説明されているように、wxDialog は、デフォルトでこのスタイルを持っていることに注意。
Normally, the command events are propagated upwards to the window parent recursively until a handler for them is found. Using this style allows to prevent them from being propagated beyond this window. Notice that wxDialog has this style on by default for the reasons explained in the event processing overview.
wxWS_EX_TRANSIENT
これは、ウィンドウが親無しで作られたダイアログの、 暗黙の親として使われるのを防ぐことができる。 そのことは、いつでも見えなくなることができるウィンドウで便利である。 そのようなウィンドウの子を作ることは、致命的な結果になるからだ。
This can be used to prevent a window from being used as an implicit parent for the dialogs which were created without a parent. It is useful for the windows which can disappear at any moment as creating children of such windows results in fatal problems.
wxFRAME_EX_CONTEXTHELP
Windowsでは、キャプションに疑問ボタンをおく。 ボタンが押されると、Windows は、context-sensitiveヘルプモードに入り、 そして、ユーザがアプリケーションウィンドウをクリックしたら、 wxWidgets は、 wxEVT_HELP イベントを送る。 このスタイルは、wxMAXIMIZE_BOX や wxMINIMIZE_BOX と一緒に使えない。 だから、このスタイルを持つフレーム(ダイアログは最小ボックスも最大ボックスもデフォルトでは持っていない)では、 wxDEFAULT_FRAME_STYLE & ~(wxMINIMIZE_BOX | wxMAXIMIZE_BOX) のスタイルを使うべきである。
訳注:原文に誤りがあるみたいです。 正:wxDEFAULT_FRAME_STYLE & ~(wxMINIMIZE_BOX | wxMAXIMIZE_BOX)
誤:wxDEFAULT_FRAME_STYLE & (wxMINIMIZE_BOX | wxMAXIMIZE_BOX)
Under Windows, puts a query button on the caption. When pressed, Windows will go into a context-sensitive help mode and wxWidgets will send a wxEVT_HELP event if the user clicked on an application window. This style cannot be used together with wxMAXIMIZE_BOX or wxMINIMIZE_BOX, so you should use the style of wxDEFAULT_FRAME_STYLE & (wxMINIMIZE_BOX | wxMAXIMIZE_BOX) for the frames having this style (the dialogs don't have minimize nor maximize box by default)


wxWindow::SetFocus

virtual void SetFocus()

ウィンドウが、キーボード入力を受け取るように設定する
This sets the window to receive keyboard input.

See also

wxFocusEvent


wxWindow::SetFocusFromKbd

virtual void SetFocusFromKbd()

この関数は、ユーザがキーボードからこのウィンドウにフォーカスを与えたときに (例えば TAB キーを使って)、wxWidgets のナビゲーションコードによって呼ばれる。 デフォルトでは、このメソッドは単にSetFocusを呼ぶだけだが、 派生クラスで、追加でこれに何かするためにオーバライドすることができる。
This function is called by wxWidgets keyboard navigation code when the user gives the focus to this window from keyboard (e.g. using TAB key). By default this method simply calls SetFocus but can be overridden to do something in addition to this in the derived classes.


wxWindow::SetFont

void SetFont(const wxFont& font)

このウィンドウにフォントを設定する。
Sets the font for this window.

Parameters

font

See also

wxWindow::GetFont


wxWindow::SetForegroundColour

virtual void SetForegroundColour(const wxColour& colour)

このウィンドウの前景色を設定する。
Sets the foreground colour of the window.

Parameters

colour

Remarks

前景色の解釈は、ウィンドウクラスによって解釈される。 テキストの色や、その他の色になっても良いし、全く使われなくても良い。

メモ:GTK下でこの関数を使うときは、"themes"(すなわち、ユーザが選んだウィンドウとコントロールの概観) を、それらの親ウィンドウの themes を含めて、無効にすることになるだろう。

The interpretation of foreground colour is open to interpretation according to the window class; it may be the text colour or other colour, or it may not be used at all.

Note that when using this functions under GTK, you will disable the so called "themes", i.e. the user chosen appearance of windows and controls, including the themes of their parent windows.

See also

wxWindow::GetForegroundColour, wxWindow::SetBackgroundColour, wxWindow::GetBackgroundColour


wxWindow::SetHelpText

virtual void SetHelpText(const wxString& helpText)

このウィンドウに、context-sensitiveヘルプとして使われるヘルプテキストを設定する。

メモ:現在の wxHelpProvider の実装によって、 実際にテキストがストアされるので、ウィンドウオブジェクト自身の中ではない。

Sets the help text to be used as context-sensitive help for this window.

Note that the text is actually stored by the current wxHelpProvider implementation, and not in the window object itself.

See also

GetHelpText, wxHelpProvider


wxWindow::SetId

void SetId(int id)

ウィンドウのIDを設定する。
Sets the identifier of the window.

Remarks

いずれのウィンドウも整数のIDを持っている。 アプリケーションがIDを与えられていなければ、IDは生成されるだろう。 通常、IDは、作成時に与え、後で修正するべきではない。
Each window has an integer identifier. If the application has not provided one, an identifier will be generated. Normally, the identifier should be provided on creation and should not be modified subsequently.

See also

wxWindow::GetId, Window identifiers


wxWindow::SetName

virtual void SetName(const wxString& name)

ウィンドウの名前を設定する。
Sets the window's name.

Parameters

name

See also

wxWindow::GetName


wxWindow::SetPalette

virtual void SetPalette(wxPalette* palette)

古い書き方。代わりに wxDC::SetPalette を使いなさい。
Obsolete - use wxDC::SetPalette instead.


wxWindow::SetScrollbar

virtual void SetScrollbar(int orientation, int position, int thumbSize, int range, bool refresh = TRUE)

内蔵スクロールバーのプロパティを設定する。
Sets the scrollbar properties of a built-in scrollbar.

Parameters

orientation

position

thumbSize

range

refresh

Remarks

同じフォントを使って、50行のテキストを表示したいとしよう。 ウィンドウは、一度に16行だけ見れるように、大きさが合わされている。

あなたは、次の文を使うだろう:

  SetScrollbar(wxVERTICAL, 0, 16, 50);

メモ:このサイズでは、thumb の位置は、決して 50 - 16 すなわち、34 を超えられない。

ピクセル単位で、現在のビューサイズを文字の高さで割ることによって、 現在、何行見えているかを、決定することができる。

あなた自身のスクロールバーの動作を定義している場合、 ウィンドウのサイズが変わるとき、常にスクロールバーの設定を再計算する必要があるだろう。 スクロールバーの計算と、SetScrollbar の呼び出しを、 初期化時と wxSizeEvent ハンドラ関数から呼び出される、 AdjustScrollbars と名付けられた関数内に置くことができる。

Let's say you wish to display 50 lines of text, using the same font. The window is sized so that you can only see 16 lines at a time.

You would use:

  SetScrollbar(wxVERTICAL, 0, 16, 50);

Note that with the window at this size, the thumb position can never go above 50 minus 16, or 34.

You can determine how many lines are currently visible by dividing the current view size by the character height in pixels.

When defining your own scrollbar behaviour, you will always need to recalculate the scrollbar settings when the window size changes. You could therefore put your scrollbar calculations and SetScrollbar call into a function named AdjustScrollbars, which can be called initially and also from your wxSizeEvent handler function.

See also

Scrolling overview, wxScrollBar, wxScrolledWindow


wxWindow::SetScrollPos

virtual void SetScrollPos(int orientation, int pos, bool refresh = TRUE)

内蔵スクロールバーの位置を設定する。
Sets the position of one of the built-in scrollbars.

Parameters

orientation

pos

refresh

Remarks

この関数は、ウィンドウのコンテンツに直接影響しない。 スクロールバーの属性を書きとめ、そしてコンテンツを再描画するのは、アプリケーション次第である。
This function does not directly affect the contents of the window: it is up to the application to take note of scrollbar attributes and redraw contents accordingly.

See also

wxWindow::SetScrollbar, wxWindow::GetScrollPos, wxWindow::GetScrollThumb, wxScrollBar, wxScrolledWindow


wxWindow::SetSize

virtual void SetSize(int x, int y, int width, int height, int sizeFlags = wxSIZE_AUTO)

virtual void SetSize(const wxRect& rect)

ウィンドウのサイズと位置を、ピクセル単位でセットする
Sets the size and position of the window in pixels.

virtual void SetSize(int width, int height)

virtual void SetSize(const wxSize& size)

ウィンドウのサイズをピクセル単位でセットする
Sets the size of the window in pixels.

Parameters

x

y

width

height

size

rect

sizeFlags

Remarks

2番目の書き方は、1番目の書き方を、デフォルトのXとYの引数で呼ぶことを便利にする。 そして、デフォルトではない幅と高さで、使わなければならない。

1番目の書き方は、ウィンドウの位置と、オプションであるサイズを設定する。 wxWidgets によって、デフォルト値が提供されるべきか、 現在のサイズが使われることを示すために、引数は、-1 でもよい。

The second form is a convenience for calling the first form with default x and y parameters, and must be used with non-default width and height values.

The first form sets the position and optionally size, of the window. Parameters may be -1 to indicate either that a default should be supplied by wxWidgets, or that the current value of the dimension should be used.

See also

wxWindow::Move

wxPython note: オーバロードされたメソッド名の代わりに, wxPython では、次のメソッドを使う:

wxPython note: In place of a single overloaded method name, wxPython implements the following methods:


wxWindow::SetSizeHints

virtual void SetSizeHints(int minW=-1, int minH=-1, int maxW=-1, int maxH=-1, int incW=-1, int incH=-1)

ウィンドウサイズの最小、最大、増加量を指定する。 値のペアがセットされない(もしくは-1をセットする)なら、デフォルト値が使われる

Allows specification of minimum and maximum window sizes, and window size increments. If a pair of values is not set (or set to -1), the default values will be used.

Parameters

minW

minH

maxW

maxH

incW

incH

Remarks

この関数が呼ばれると、ユーザは与えられた境界の外側に、 ウィンドウのサイズを合わせることはできないだろう。

リサイズの増加量は、Motif か Xt 下でのみ意味を成す。

If this function is called, the user will not be able to size the window outside the given bounds.

The resizing increments are only significant under Motif or Xt.


wxWindow::SetSizer

void SetSizer(wxSizer* sizer, bool deleteOld=TRUE)

ウィンドウが、与えられた layout sizer を持つように設定する。 ウィンドウは、そのときにオブジェクトを所有しており、そのデリートを処理するだろう。 現状の layout constraints オブジェクトが、ウィンドウによって既に所有されている場合、 deleteOld が TRUE なら、削除されるだろう。

メモ:この関数は、sizer が NULL でなければ、TRUE で、 そうでなければ、FALSE を使って、暗黙的に SetAutoLayout も呼び出す。

Sets the window to have the given layout sizer. The window will then own the object, and will take care of its deletion. If an existing layout constraints object is already owned by the window, it will be deleted if the deleteOld parameter is TRUE.

Note that this function will also call SetAutoLayout implicitly with TRUE parameter if the sizer is non-NULL and FALSE otherwise.

Parameters

sizer

deleteOld

Remarks

SetSizer は、現在自動的に Layout を有効や無効にする。 しかし、wxWidgets 2.3.3 以前では以下の方法が使用される。

OnSize で、自動的にsizerを使うことをウィンドウに知らせるために、 wxWindow::SetAutoLayout を呼ばなければならない。 そうでなければ、OnSize をオーバライドして、明示的に Layout() を呼ばなければならない。 wxSizer と wxLayoutConstraints の両方を設定する場合、 sizerだけが効果がある。

SetSizer now enables and disables Layout automatically, but prior to wxWidgets 2.3.3 the following applied:

You must call wxWindow::SetAutoLayout to tell a window to use the sizer automatically in OnSize; otherwise, you must override OnSize and call Layout() explicitly. When setting both a wxSizer and a wxLayoutConstraints, only the sizer will have effect.


wxWindow::SetSizerAndFit

void SetSizerAndFit(wxSizer* sizer, bool deleteOld=TRUE)

sizerの最小サイズにウィンドウを合わせるために、size hints を設定することを除いて、 SetSizer と同じである。
The same as SetSizer, except it also sets the size hints for the window based on the sizer's minimum size.


wxWindow::SetTitle

virtual void SetTitle(const wxString& title)

ウィンドウのタイトルを設定する。 フレームとダイアログだけに適用できる。
Sets the window's title. Applicable only to frames and dialogs.

Parameters

title

See also

wxWindow::GetTitle


wxWindow::SetThemeEnabled

virtual void SetThemeEnabled(bool enable)

ウィンドウの背景を描くのに、背景の描画コードの代わりに、 システムの "theme" を使うべきなら、この関数は、ウィンドウに伝える。 明らかに、プラットフォームは、ユーザ定義のウィンドウに、 the notion of themes をサポートする必要があるので、 これは、常に効果があるわけではない。 1つのそのようなプラットフォームは、GTK+ である。 そこでは、ウィンドウは、ユーザが選択したテーマによって、 定義された(とても多彩な)背景を持つことができる。

ダイアログ、notebook pages、そしてステータスバーは、 デフォルトで、TRUE に設定されたフラグを持つ。 だから、デフォルトのルック&フィールは最適にシミュレートされる。

This function tells a window if it should use the system's "theme" code to draw the windows' background instead if its own background drawing code. This does not always have any effect since the underlying platform obviously needs to support the notion of themes in user defined windows. One such platform is GTK+ where windows can have (very colourful) backgrounds defined by a user's selected theme.

Dialogs, notebook pages and the status bar have this flag set to TRUE by default so that the default look and feel is simulated best.


wxWindow::SetValidator

virtual void SetValidator(const wxValidator& validator)

現在のバリデータ(もしあれば)をデリートし、このタイプの新しいバリデータを作成するために、 wxValidator::Clone を呼ぶことで、ウィンドウバリデータを設定する。
Deletes the current validator (if any) and sets the window validator, having called wxValidator::Clone to create a new validator of this type.


wxWindow::SetToolTip

void SetToolTip(const wxString& tip)

void SetToolTip(wxToolTip* tip)

ウィンドウにツールチップを取り付ける。
Attach a tooltip to the window.

See also: GetToolTip, wxToolTip


wxWindow::GetToolTip

wxToolTip* GetToolTip() const

取り付けられたツールチップを得る。 何もないなら、NULL。
Get the associated tooltip or NULL if none.


wxWindow::SetVirtualSize

void SetVirtualSize(int width, int height)

void SetVirtualSize(const wxSize& size)

ピクセル単位で、ウィンドウの仮想サイズを設定する。
Sets the virtual size of the window in pixels.


wxWindow::SetVirtualSizeHints

virtual void SetVirtualSizeHints(int minW,int minH, int maxW=-1, int maxH=-1)

仮想のウィンドウサイズの最小、最大を設定する。 値のペアがセットされない(もしくは-1をセットする)なら、デフォルト値が使われる
Allows specification of minimum and maximum virtual window sizes. If a pair of values is not set (or set to -1), the default values will be used.

Parameters

minW

minH

maxW

maxH

Remarks

この関数が呼ばれると、ユーザは与えられた境界の外側に、 ウィンドウの仮想サイズを合わせることはできないだろう。
If this function is called, the user will not be able to size the virtual area of the window outside the given bounds.


wxWindow::SetWindowStyle

void SetWindowStyle(long style)

SetWindowStyleFlag に全く同じ。

Identical to SetWindowStyleFlag.


wxWindow::SetWindowStyleFlag

virtual void SetWindowStyleFlag(long style)

ウィンドウのスタイルを設定する。 いくつかのスタイルは、ウィンドウの作成後に変えられない事と、 そのほかを変更後、すぐに変更されるように、 Refresh() が呼ばれることに注意。

フラグについてのより多くの情報は Window styles を見てくれ。

Sets the style of the window. Please note that some styles cannot be changed after the window creation and that Refresh() might be called after changing the others for the change to take place immediately.

See Window styles for more information about flags.

See also

GetWindowStyleFlag


wxWindow::Show

virtual bool Show(bool show = TRUE)

ウィンドウを表示するか、隠す。 もし、トップに持ってきたいなら、トップレベルウィンドウのために Raise を呼ぶ必要があるかもしれない。 だけど、フレームの作成後、すぐに Show() が呼ばれるなら、これは必要ない。
Shows or hides the window. You may need to call Raise for a top level window if you want to bring it to top, although this is not needed if Show() is called immediately after the frame creation.

Parameters

show

Return value

表示されるか、隠されたなら TRUE。 すでに要求された状態で、何もされなかったら FALSE
TRUE if the window has been shown or hidden or FALSE if nothing was done because it already was in the requested state.

See also

wxWindow::IsShown


wxWindow::Thaw

virtual void Thaw()

以前、Freeze が呼ばれた後で、 ウィンドウのアップデートを再び可能にする。
Reenables window updating after a previous call to Freeze.


wxWindow::TransferDataFromWindow

virtual bool TransferDataFromWindow()

子のコントロールから指定されたデータ領域へ、それらのバリデータによって、移す。 失敗すれば、FALSE を返す。

ウィンドウに、wxWS_EX_VALIDATE_RECURSIVELY の拡張スタイルフラグがセットされているなら、 すべての子ウィンドウの TransferDataFromWindow() も呼ぶ。

Transfers values from child controls to data areas specified by their validators. Returns FALSE if a transfer failed.

If the window has wxWS_EX_VALIDATE_RECURSIVELY extra style flag set, the method will also call TransferDataFromWindow() of all child windows.

See also

wxWindow::TransferDataToWindow, wxValidator, wxWindow::Validate


wxWindow::TransferDataToWindow

virtual bool TransferDataToWindow()

指定されたデータ領域から子のコントロールへ、それらのバリデータによって、移す。

ウィンドウに、wxWS_EX_VALIDATE_RECURSIVELY の拡張スタイルフラグがセットされているなら、 すべての子ウィンドウの TransferDataToWindow() も呼ぶ。

Transfers values to child controls from data areas specified by their validators.

If the window has wxWS_EX_VALIDATE_RECURSIVELY extra style flag set, the method will also call TransferDataToWindow() of all child windows.

Return value

転送が失敗すれば、FALSE
Returns FALSE if a transfer failed.

See also

wxWindow::TransferDataFromWindow, wxValidator, wxWindow::Validate


wxWindow::Update

virtual void Update()

このメソッドは、ウィンドウの無効になった領域を直ちに再描画する。 たいていは、制御フローがイベントループに戻ったときに発生する。 この関数は、ウィンドウが既に再描画されていれば、リフレッシュも何もしないことに注意。 無条件にウィンドウをすぐに描画したいなら、はじめに Refresh を呼んでくれ。
Calling this method immediately repaints the invalidated area of the window while this would usually only happen when the flow of control returns to the event loop. Notice that this function doesn't refresh the window and does nothing if the window hadn't been already repainted. Use Refresh first if you want to immediately redraw the window unconditionally.


wxWindow::Validate

virtual bool Validate()

現在の子のコントロールの値を、それらの validator を使ってバリデートする。

ウィンドウが wxWS_EX_VALIDATE_RECURSIVELY の拡張フラグを設定されているなら、 すべての子ウィンドウの Validate() も呼ぶ。

Validates the current values of the child controls using their validators.

If the window has wxWS_EX_VALIDATE_RECURSIVELY extra style flag set, the method will also call Validate() of all child windows.

Return value

いずれかの validations が失敗すれば、FALSE
Returns FALSE if any of the validations failed.

See also

wxWindow::TransferDataFromWindow, wxWindow::TransferDataFromWindow, wxValidator


wxWindow::WarpPointer

void WarpPointer(int x, int y)

ウィンドウの与えられた位置へ、ポインタを動かす。
Moves the pointer to the given position on the window.

Parameters

x

y