クリップボード操作

以下のクリップボード操作関数は Windows だけで実装されています. これらの関数は撤廃されており,コードはもはやメンテナンスされて いません.wxClipborad クラスを使ってください.

Include files

<wx/clipbrd.h>



::wxClipboardOpen



bool wxClipboardOpen(void)

アプリケーションがすでにクリップボードを開いていれば真を返します.



::wxCloseClipboard



bool wxCloseClipboard(void)

クリップボードを閉じて,他のアプリケーションが利用できるように します.



::wxEmptyClipboard



bool wxEmptyClipboard(void)

クリップボードの内容を空にします.



::wxEnumClipboardFormats



int wxEnumClipboardFormats(int dataFormat)

クリップボードに入っている利用可能なフォーマットのリストから, フォーマットを見つかった順に列挙します.この関数を呼び出す際には, dataFormat にリスト内の既知のフォーマットを指定します. 関数は指定されたフォーマットの次に見つかったフォーマットを返します.

関数が成功すると,新たに見つかったクリップボードデータを指し示す値を 返します.dataFormat が利用可能なフォーマットのリストの末尾を さしていた場合やクリップボードが開かれていなかった場合にはゼロを返します.

アプリケーションはフォーマットの列挙を行う前に wxOpenClipboard 関数を 使ってクリップボードを開いておかねばなりません.



::wxGetClipboardData



wxObject * wxGetClipboardData(int dataFormat)

クリップボードからデータを取り出します.

dataFormat は以下のいずれかになります:

クリップボードが予め開かれていないと,この関数呼び出しは成功しません.



::wxGetClipboardFormatName



bool wxGetClipboardFormatName(int dataFormat, const wxString& formatName, int maxCount)

クリップボードに登録済みのフォーマット名を取得して,メモリバッファ formatName に入れます.formatName の最大長は maxContent です. dataFormat に指定するクリップボードフォーマットは 予め定義されたものでなくてもかまいません.



::wxIsClipboardFormatAvailable



bool wxIsClipboardFormatAvailable(int dataFormat)

指定したデータフォーマットをクリップボードから利用できる場合には真を 返します.



::wxOpenClipboard



bool wxOpenClipboard(void)

データを渡したり取り出したりするためにクリップボードを開きます.



::wxRegisterClipboardFormat



int wxRegisterClipboardFormat(const wxString& formatName)

クリップボードデータのフォーマット名を登録します.フォーマットの 識別子を返します.



::wxSetClipboardData



bool wxSetClipboardData(int dataFormat, wxObject * data, int width, int height)

データをクリップボードに渡します.

dataFormat は以下のいずれかになります:

クリップボードが予め開かれていないと,この関数呼び出しは成功しません.

ymasuda 平成17年11月19日